原子力発電について
美浜発電所3号機事故について

平成16年8月9日、当社は美浜発電所3号機のタービン建屋において、復水配管(2次系配管)が破損する事故を起こしました。この事故は、復水配管の流量計オリフィス下流部が、中を流れる水の作用により徐々に薄くなって破損し、約140℃の熱水と蒸気が噴出したものです。
破損した配管の箇所は、点検リストから欠落し、事故に至るまで修正できなかったことから事故発生まで配管の厚みの測定を実施していませんでした。
事故当時、定期検査の準備作業をしておられた協力会社の方が被災し、5名もの方が尊いお命を亡くされ、6名の方が重傷を負われました。

美浜発電所3号機のしくみと復水配管破損箇所(概略系統図)

美浜発電所3号機のしくみと復水配管破損箇所(概略系統図)

事故の直接的な原因は、当社の2次系配管肉厚管理の不備から、本来管理すべきであった箇所を長年にわたって管理できていなかったことにあります。
また、事故の調査を進める過程で、配管の取替え時期を評価する際、「原子力設備2次系配管肉厚の管理指針」(PWR管理指針)を不適切に運用し、配管の取替えを先送りしていたことも判明しました。
これらの背景には、安全を最優先するという意識が私たちの中に十分浸透していなかったことがあり、深く反省しています。

用語解説

エネルギー