再生可能エネルギーへの取組み
風力発電

  • 淡路風力発電所
  • 田原4区風力発電所

風のエネルギーにより風車を回し、その回転運動を発電機に伝えて発電する方法です。風のエネルギーの約40%を電気エネルギーに変換することができます。

当社グループとして初めてとなる風力発電所であり、2012年12月20日に営業運転を開始しました。

淡路風力発電所
淡路風力発電所

淡路風力発電所における風力発電システム

現在6基の風車が運転しています。風車のロータ部分の直径は約80m、全長は約120mあります。

淡路風力発電所における風力発電システム

淡路風力発電所の概要

発電出力12,000kW(2,000kW ×6基)
発電電力量約2,000万kWh/年
(一般家庭約5,500世帯※の年間電気使用量に相当)
所在地 兵庫県淡路市
運転開始 2012年12月20日
外形(1基) タワー高さ 80.4m
ロータ直径 80.0m

※ 関西電力の従量電灯Aの平均的なモデルの使用量(300kWh/月)を用いて算定

エネルギー