原子力発電について
公開情報

運転上の制限とは、安全機能を確保するため、予備も含めて動作可能な機器(ポンプ等)の必要台数や、原子炉の状態毎に遵守すべき温度や圧力の制限が定められているものです。
一時的にこれを満足しない状態が発生すると、事業者は運転上の制限からの逸脱を宣言し、予め定められた時間内に修理等を行うことが必要となります。

  • ※運転上の制限を逸脱した場合、事業者は直ちに原子力規制委員会に報告することが求められており、事業者が報告した内容は、原子力規制委員会のホームページに掲載されます。
  • ※関西電力では、運転上の制限を逸脱した場合、月1回の「原子力発電所の運営状況について」等で発表していますので、詳しくは、原子力に関するプレスリリースをご覧ください。

平成25年度 運転上の制限の逸脱・復帰情報 目次

2013年9月2日

平成24年度 運転上の制限の逸脱・復帰情報 目次

2013年2月6日

平成23年度 運転上の制限の逸脱・復帰情報 目次

2012年2月7日
2011年10月17日
2011年8月30日
2011年7月16日

平成22年度 運転上の制限の逸脱・復帰情報 目次

2010年11月1日
2010年5月28日
2010年5月25日
2010年5月14日

平成21年度 運転上の制限の逸脱・復帰情報 目次

2009年10月6日
2009年4月15日
エネルギー