原子力発電について
公開情報

発電用原子炉施設の安全性の向上のための評価(以下「安全性向上評価」という。)は、原子炉施設における安全性の向上を図るため、原子力事業者自らが原子炉施設の全体に係る安全性について、総合的な評価を定期的に行う制度です。

平成25年12月の「核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律」及び「実用発電用原子炉の設置、運転等に関する規則」の改正施行に伴い導入された制度であり、原子炉ごとに、施設定期検査が終了した日以降、6ヶ月以内に安全性向上評価を実施し、その後遅滞なく、評価の結果等を原子力規制委員会へ届出することとされています。

エネルギー