再生可能エネルギーへの取組み
バイオマス発電

バイオマスとは、動植物などから生まれた生物資源の総称を指します。その種類は、木質系・農業/畜産/水産系・建築廃材系・生活系等、多種多様です。
バイオマス発電では、この生物資源を「直接燃焼」したり「ガス化」するなどして発電します。
人々の生活で不要となった生物資源を有効活用するため、「循環型社会の構築」と「地域環境の改善」へ大きく寄与することができます。
課題としては、安定して資源を収集することが挙げられます。

朝来バイオマス発電所
朝来バイオマス発電所

当社グループとして初めてとなる木質バイオマス専焼発電所であり、2016年12月1日に営業運転を開始しました。

朝来バイオマス発電所におけるバイオマス発電システム

【所在地】

兵庫県朝来市生野町真弓373-70(生野工業団地内)

【位置図】

位置図

【敷地全体】

敷地全体

朝来バイオマス発電所の概要

敷地面積約0.7ha
発電出力5,600kW
売電電力量約3,700万kWh
(一般家庭約12,000世帯※1の年間電気使用量に相当)
CO2排出削減量※2約18,000t
運転開始平成28年12月1日
燃料be材燃料チップ 約6.3万t/年
  • ※1 関西電力の従量電灯Aの平均的なモデルの使用量(260kWh/月)を用いて算定。
  • ※2 関西電力の平成27年度CO2排出係数(0.496kg-CO2/kWh)を用いて算定。

見学について

朝来市のホームページから申し込みいただけます。

エネルギー