原子力発電について
公開情報

原子力発電所で事故が発生した場合、人々の安全を確保するためには、迅速かつ的確な対策が必要です。
この対策を支援するために運用されているのが、原子力規制委員会にある「緊急対策支援システム(ERSS)」です。

ERSSは、原子力発電所が正常に稼動しているかどうかを常時確認し、事故が起こった場合は、事故状態の確認・判断、今後の事故進展を解析・予測するシステムです。これらの情報は原子力規制委員会とオフサイトセンター(緊急事態応急対策等拠点施設)へ送られ共有されます。
オフサイトセンターとは緊急時の現地応急対策拠点で、全国の原子力発電所などの近くに設けられている施設です。
事故が起こった場合は、国、地方公共団体、原子力事業者、専門家など関係者がオフサイトセンターで一堂に会し、情報を共有しながら対策を講じていきます。

(図説)

エネルギー