原子力発電について
公開情報

【美浜地区】 環境試料測定結果

四半期報告(2021年10月~12月)

 美浜発電所周辺で当期に採取した環境試料の核種分析をした結果、陸土、海底土および海産食品から人工放射性核種であるセシウム137が検出されましたが、それらは当社発電所に起因するものではなく、諸外国が過去に行った核実験の残存影響と判断されています。
 また、それらの濃度は環境安全上で問題となるレベルに比べてはるかに低いと評価されています。

放射性核種測定結果

セシウム137の濃度範囲

2020年度の測定結果へ

 

事業概要