再生可能エネルギーへの取組み
私たちの取組み~これまでとこれから~

  • 再生可能エネルギーへの挑戦
  • 関西地域に適した再生可能エネルギーの模索
  • 再生可能エネルギーの普及・拡大に向けて

関西電力の再生可能エネルギーへの取組みを一問一答形式でご紹介します。

電力会社は再生可能エネルギーに消極的という意見が聞かれます。

あまり知られていないかもしれませんが、関西電力は昔から再生可能エネルギーへ積極的に取組んできました。かつて「世紀の難工事」と言われた黒部ダムなどの水力発電を始め、1986年からは神戸の六甲アイランドで太陽光の系統連系研究を行っています。
現在、当社はグループ一体となって再生可能エネルギーの開発に向け、既設水力発電所の出力向上や中小規模の水力発電所の開発、太陽光や風力の発電所建設などに取り組んでいます。

「世紀の難工事」と言われた黒部ダム
「世紀の難工事」と言われた黒部ダム

2012年7月にFIT(再生可能エネルギー固定価格買取制度)が開始され、企業や自治体なども再生可能エネルギー開発に乗り出しています。電力会社としてはどのような方針で臨んでいますか。

当社グループでは、自治体をはじめとする地域のみなさまとともに、再生可能エネルギーの開発・普及に取り組んでいます。

また、出力変動の激しい太陽光や風力を大量に受入れても安定供給に支障を来さないために、堺太陽光発電所に近接する変電所に蓄電池を設置し、需給制御に関わる研究を行っているほか、若狭地域でも太陽光が電力系統に与える影響について検証しています。

若狭おおい太陽光発電所
若狭おおい太陽光発電所

近年の開発実績は?

堺太陽光発電所が2011年に全面運開したほか、若狭おおい太陽光発電所と、京都府精華町にあるけいはんな太陽光発電所が2013年相次いで運転を開始しました。2015年には当社グループの太陽光発電所では最大規模となる有田太陽光発電所が運転を開始、2016年11月には、当社グループで9番目の太陽光発電所として山崎太陽光発電所が運転開始しました。

風力では、2013年に淡路風力発電所、2014年に田原4区風力発電所が、水力としては、2011年に大桑野尻発電所、2012年に新黒薙第二水力発電所が運転を開始しています。

2016年12月には、兵庫県朝来市において関西電力グループとして初めて木質バイオマス専焼発電所が運転を開始しました。

山崎太陽光発電所
山崎太陽光発電所
淡路風力発電所
淡路風力発電所

関西電力グループの再生可能エネルギーの取り組み状況(2020年9月末日時点)

電源 開発案件 規模 運転開始 事業主体
太陽光
8.17万kW
堺太陽光発電所 10,000kW 2011年9月7日 関西電力
若狭おおい太陽光発電所 500kW 2013年11月6日 関西電力
けいはんな太陽光発電所 1,980kW 2013年12月1日 関電エネルギーソリューション
高砂ソーラーステーション 1,000kW 2014年3月1日 日本ネットワークサポート
近鉄花吉野ソーラー発電所
(ユーティリティサービス※1
3,000kW 2014年3月20日 関電エネルギーソリューション
若狭高浜太陽光発電所 500kW 2014年11月13日 関西電力
淡路貴船太陽光発電所
(ユーティリティサービス※1
30,000kW 2014年12月1日 関電エネルギーソリューション
有田太陽光発電所 29,700kW 2015年10月1日 関電エネルギーソリューション
山崎太陽光発電所 1,980kW 2016年11月1日 関電エネルギーソリューション
赤穂西浜太陽光発電所 1,990kW 2018年6月1日 関電エネルギーソリューション
けいはんな第二太陽光発電所 1,000kW 2018年9月1日 関電エネルギーソリューション
風力
2.35万kW
淡路風力発電所 12,000kW 2012年12月20日 関電エネルギーソリューション
田原4区風力発電所 6,000kW 2014年5月27日 関電エネルギーソリューション
秋田県洋上風力
(当社出資比率4%)
5,544kW※3 2022年予定 秋田洋上風力発電
大分県陸上風力 未定
秋田県北部洋上風力 未定
水力
341.13万kW
既設水力(~2019.3.26)※2 3,343,175kW - 関西電力
既設水力(2019.3.27~)※2 7,200kW※4 - 関西電力
丸山発電所1号機(設備更新) +2,000kW 2020年度予定 関西電力
小鳥川発電所
(旧名称:下小鳥維持流量発電所(仮称))
510kW 2021年11月予定 関西電力
南木曽吾妻発電所
(旧名称:山口維持流量発電所(仮称))
640kW 2022年6月予定 関西電力
弥太蔵谷発電所(仮称) 1,520kW 2022年12月予定 関西電力
黒部川第二発電所3号機
(設備更新)
+1,100kW 2023年度予定 関西電力
笠置発電所1,2,3号機
(設備更新、出力増強)
+27,500kW 2025年5月予定 関西電力
新坂上発電所(仮称) 4,300kW 2024年8月予定 関西電力
新打保発電所(仮称) 4,940kW 2025年2月予定 関西電力
丸山発電所
(設備更新、出力増強)
+12,200kW 2029年度予定 関西電力
新丸山発電所
(設備更新、出力増強)
+6,300kW 2029年度予定 関西電力
バイオマス
25.67万kW
朝来バイオマス発電所 5,600kW 2016年12月1日 関電エネルギーソリューション
熊本県南関町
竹バイオマス
(当社出資比率9.1%)
91kW※3※4 2019年4月26日 バンブーエナジー
福岡県苅田町バイオマス 75,000kW 2022年2月予定 バイオパワー苅田
福島県いわき市バイオマス
(当社出資比率50%)
56,000kW※3 2022年4月予定 エイブルエナジー
相生2号機バイオマス変更
(当社出資比率60%)
120,000kW※3 2023年1月予定 相生バイオエナジー
地熱
0.01万kW
わいた発電所
(当社出資比率2.3%)
46kW※3※4 2015年6月16日 ふるさと熱電
運転開始(竣工済)案件:3,455,762kW
現在取組中の案件:317,554kW
合計:3,773,316kkW
 
  • ※1 発電設備の設計・施工・所有・運営・保守に至るまでの一括したサービスを提供するもの
  • ※2 当社が初めて再生可能エネルギーの導入目標を設定した2012年11月以降の水力開発済および出力増案件(13,804kW)を含む
    対象設備:新黒薙第二発電所、大里発電所、市荒川発電所、橋谷発電所、三田発電所、出し平発電所、市川発電所、三尾発電所、黒部川第二発電所1号機、2号機、長殿発電所、新成出発電所、音沢発電所、丸山発電所2号機、栂ノ尾発電所、新黒部川第三発電所1号機
  • ※3 定格出力のうち、出資比率に応じた数値
  • ※4 中期経営計画(2019-2021)に記載の新規開発200万kW以上の案件のうち、運開済み案件。
    既設水力は、新成出発電所(+0.1万kW)、音沢発電所(+0.2万kW)、丸山発電所2号機(+0.1万kW)、黒部川第二発電所2号機(+0.1万kW)を含める。
事業概要