IR関連資料

平成14年度 期末決算 会社説明会




 
 
平成14年度 期末決算概要(連結・単独) 7
 
平成14年度 期末決算概要(連結・単独)
 
  このペ-ジでは連結決算の主要決算数値をまとめております。

・連結数値を単独数値で割りました連単倍率はほぼ1倍と、当社の連結決算では単独の規模、影響が大きいと言えます。
  しかし、売上高、営業利益では、連単倍率は1倍を越えておりますが、経常利益、当期純利益では1倍を下回る結果となりました。これは、連結セグメント情報でも申し上げましたように、事業展開において初期段階にあります情報通信事業収支がマイナスとなっているためです。

・しかし、後のペ-ジでもご説明いたしますが、情報通信事業を中心にトップラインの拡大に向けて事業展開を進め、平成15年度には1倍を上回る連結経常利益、連結当期純利益を確保したいと考えております。
 また、5年後(平成19年度)に単独を除くグル-プ事業で330億円以上の経常利益を確保したいと考えております。<平成15年度経営計画>

 


前へ 次へ