個人投資家のみなさまへ

  • 直近の業績
  • 業績見通し

当社グループの2018年度の業績に関しまして、「連結経営成績」「セグメントの業績」を中心に掲載しております。

2019年3月期の経営成績

2018年度の当社グループは、さらなる成長の実現を目指した「関西電力グループ中期経営計画(2016-2018)」の達成に向け、グループの総力を結集して取り組んでまいりました。
当社グループの主たる事業である電気事業では、当年度の小売販売電力量は、電灯分野において、需要数の減少等があったものの、電力分野において、契約電力が増加したことなどから、1,178億3千万kWhと前年度に比べて2.2%の増加となりました。
その内訳を見ますと、「電灯」については、376億7千万kWhと前年実績を9.8%下回りました。また、「電力」については、801億5千万kWhと前年実績を9.1%上回りました。
収入面では、電気事業において、小売販売電力量が増加したものの、電気料金の値下げなどにより、電灯電力料収入が減少しましたが、地帯間・他社販売電力量の増加により地帯間・他社販売電力料が増加したことに加え、ガス・その他エネルギー事業や情報通信事業の売上高が増加したことなどから、売上高は3,307,661百万円と、前年度に比べて174,028百万円の増収(+5.6%)となりました。
一方、支出面では、経営効率化により徹底した諸経費の節減に努めたことに加え、原子力プラントの運転再開による費用の低減効果があったものの、小売販売電力量および地帯間・他社販売電力量が増加したことや燃料価格が上昇したことなどから、営業費用は3,102,807百万円と、前年度に比べて196,726百万円の増加(+6.8%)となりました。
加えて、平成30年台風第21号の被災に伴う損失12,828百万円、ならびに国際事業の投資案件における損失18,093百万円を特別損失に計上しました。
この結果、当年度の連結経営成績は以下のとおりとなりました。

連結経営成績(単位:百万円)

  2017年度 2018年度 増減
売上高 3,133,632 3,307,661 174,028 5.60%
営業利益 227,551 204,853 △22,697 △10.0%
経営利益 217,104 203,636 △13,468 △6.2%
親会社株主に帰属する
当期純利益
151,880 115,077 △36,803 △24.2%

総販売電力量(小売、地帯間・他社計)(単位:百万kWh)

  2017年度
(2017年4月~
2018年3月)
2018年度
(2018年4月~
2019年3月)
前年度比
(%)
総販売電力量(小売、地帯間・他社計) 122,540 132,632 108.2
小売販売電力量 115,244 117,826 102.2
電灯41,767 37,671 90.2
電力73,477 80,155 109.1
地帯間・他社販売電力 7,296 14,806 202.9

(注)

  1. 1.四捨五入の関係で、合計が一致しない場合がある。
  2. 2.期末時点において未確定であるインバランス電力量は含めていない。

需給実績(単位:百万kWh)

種 別 2017年度
(2017年4月~
2018年3月)
2018年度
(2018年4月~
2019年3月)
前年度比
(%)






水力発電電力量 13,761 13,496 98.1
火力発電電力量 67,787 61,207 90.3
原子力発電電力量 12,865 30,092 233.9
新エネルギー発電電力量 80 19 23.5
他社送受電電力量 27,525 21,328 77.5
揚水発電所の揚水用電力量 △1,490 △2,284 153.3
合計 120,528 123,859 102.8
小売販売電力量 115,244 117,826 102.2
出水率(%) 107.2 103.1

(注)

  1. 1.自社の発電電力量については、送電端電力量を記載している。
  2. 2.火力は、汽力と内燃力の合計である。
  3. 3.新エネルギー発電電力量は、汽力発電設備におけるバイオマスと新エネルギー等発電設備における太陽光による発電電力量である。
  4. 4.揚水発電所の揚水用電力量とは、貯水池運営のための揚水用に使用する電力量である。
  5. 5.小売販売電力量の中には自社事業用電力量(2017年度205百万kWh、2018年度268百万kWh)を含んでいる。
  6. 6.2017年度出水率は、1986年度から2015年度までの30カ年平均に対する比である。2018年度出水率は、1987年度から2016年度までの30カ年平均に対する比である。
  7. 7.他社送受電電力量については、期末時点において未確定であるインバランス電力量は含めていない。
  8. 8.四捨五入の関係で、合計が一致しない場合がある。

2019年3月期決算のより詳細な内容については決算短信でご案内しております。

詳しくはこちら

セグメントの業績

当社グループは、電気事業、ガス・その他エネルギー事業、情報通信事業を基礎としたセグメントから構成されており、それ以外に「その他」のセグメントとして区分しております。セグメント毎の当期の実績は以下のとおりになりました。

(単位:百万円)

  電気事業 ガス・その他
エネルギー事業
情報通信事業 その他
外部顧客への
売上高
2017年度 2,596,114 141,240 203,167 193,110
2018年度 2,668,312 210,819 217,757 210,771
増減 72,197 69,579 14,589 17,661
セグメント利益
(営業利益)
2017年度 170,335 941 26,269 30,431
2018年度 140,577 △4,486 32,535 38,661
増減 △29,757 △5,428 6,266 8,230
電気事業
収入面では、小売販売電力量が増加したものの、電気料金の値下げなどにより、電灯電力料収入が減少しましたが、地帯間・他社販売電力量の増加により地帯間・他社販売電力料が増加したことなどから、外部顧客への売上高は前年度に比べて増収となりました。
一方、支出面では、経営効率化により徹底した諸経費の節減に努めたことに加え、原子力プラントの運転再開による費用の低減効果があったものの、小売販売電力量および地帯間・他社販売電力量が増加したことや燃料価格が上昇したことなどから、営業費用は増加しました。
ガス・その他エネルギー事業
収入面では、ガス販売量が増加したことや、ガス販売価格が上昇したことなどから、外部顧客への売上高は前年度に比べて増収となりました。
一方、支出面では、ガス事業費用が増加したことなどから、営業費用が増加しました。
情報通信事業
収入面では、FTTHサービス「eo光」、携帯電話サービス「mineo(マイネオ)」および電力小売サービス「eo電気」の加入者が増加していることなどから、外部顧客への売上高は前年度に比べて増収となりました。
一方、支出面では、徹底したコスト削減に努めたものの、売上の増加に伴い営業費用が増加しました。
その他
収入面では、不動産・暮らし事業において、住宅およびビル事業分野における売上が増加したこと、また、当社グループの事業全体をサポートする会社において、工事の受注が増加したことなどから、外部顧客への売上高は前年度に比べて増収となりました。
一方、支出面では、徹底したコスト削減に努めたものの、売上の増加に伴い営業費用が増加しました。

より詳細なセグメントごとの業績については「セグメント別業績レビュー」ページでご案内しております。

詳しくはこちら

関連リンク