事業所・関連施設

若狭トピックス

越前若狭のふれあい 特別号 NO.33 2015年8月19日現在

1 | 2

原子力規制委員会より高浜発電所3号機の工事計画に認可をいただきました 準備が整い次第、高浜発電所4号機の工事計画認可申請の補正書を再提出します

 当社は、平成27年8月4日、原子力規制委員会より、高浜発電所3号機の工事計画認可申請について、認可をいただきました。
 高浜発電所3、4号機は、本年2月12日に原子力規制委員会より原子炉設置変更許可をいただいております。
 工事計画認可とは、原子炉設置変更許可を受けた原子炉施設の基本設計に従ってなされた原子炉施設の詳細設計について、これまでの工事計画認可申請内容に関する審査会合やヒアリングの結果を踏まえ、3号機の工事計画について認可をいただいたものです。
 なお、高浜発電所4号機については、現在審査中であることから、今後の審査会合等の結果を踏まえ、準備が整い次第、工事計画認可申請の補正書を再提出します。

高浜発電所3号機の使用前検査を申請しました

使用前検査受検の様子(8月17日)
使用前検査受検の様子(8月17日)

 当社は、高浜発電所3号機の工事計画認可申請の認可を受け、本年8月5日、高浜発電所3号機の使用前検査を受検するための申請書を、原子力規制委員会へ提出しました。
 使用前検査は、工事計画認可を受けた工事の工程に応じて原子力規制庁が必要な検査事項について行うものとされています。具体的には、設備の構造、強度または漏えいにかかる試験を実施できる段階に至った時点で実施する検査や、すべての工事が完了した時に実施する機能・性能検査などです。
 なお、使用前検査の合格基準は、「その工事が認可または届出された工事計画に従って行われたこと」および「法律に基づく技術基準に適合していること」とされており、原子力規制庁の原子力施設検査官が立会確認や記録確認等で検査を行う他、品質管理の方法や保安活動適切性等が確認されます。
 当社は今後、原子力規制委員会の使用前検査に対して、真摯かつ丁寧に対応し、高浜発電所3号機の安全性の確認に万全を期してまいります。

高浜発電所3号機の使用前検査申請書の主な内容
一号検査 構造、強度または漏えいに係る検査ができる状態になったときに行う材料、寸法、据付、外観、耐圧、漏えい、建物・構築物構造検査、状態確認検査
二号検査 蒸気タービン車室の下半分の据付が完了したとき、および補助ボイラーの本体の組立てが完了したときに行う材料、寸法、据付、外観、耐圧、漏えい、建物・構築物構造検査、状態確認検査
三号検査 発電用原子炉に燃料体を挿入することができる状態になったときに行う核燃料物質の取扱施設および貯蔵施設等に係る機能・性能、特性、状態確認検査
四号検査 発電用原子炉の臨界反応操作を開始することができる状態になったときに行う発電用原子炉に燃料を挿入した状態での核燃料物質の取扱施設および貯蔵施設等に係る機能・性能、特性、状態確認検査
五号検査 全ての工事が完了したときに行う最終的な機能・性能、特性、状態確認検査
福井地方裁判所における仮処分について

 高浜発電所3、4号機につきましては、本年4月14日に、福井地方裁判所において、運転差止めを求める仮処分命令申立てが認められていますが、今回の使用前検査の受検申請は、仮処分決定にかかる司法手続きとは別のものとして、使用前検査という行政手続きを進めるために行ったものです。
 当社としては、具体的にどこまで準備を進めるかについて、仮処分の保全異議申立てに伴う審理の進捗状況や立地地域の皆さまのご理解等を踏まえ、総合的に判断してまいります。
 今後、早期に仮処分命令を取り消していただくよう、高浜発電所3、4号機の安全性の主張・立証に全力を尽くしてまいります。

1日も早い再稼動を目指します

 当社は、1日でも早く再稼動させるべく、高浜発電所3、4号機の今後の審査・検査に真摯に対応し、原子力の安全確保に全力を尽くすとともに、当社の取組み内容について、立地地域の皆さまのご理解を賜りながら、安全性が確認された原子力プラントの再稼動に取り組んでまいります。

安全対策に関する詳しい情報は、関西電力ホームページをご覧ください。(http://www.kepco.co.jp/

ABOUT US
検索ワード