東海電力部・東海支社の概要

 

発電所のリフレッシュ

 水力電源は、クリーンな純国産エネルギーであることから、関西電力では今後もできる限り開発を行うこととしています。

 木曽川水系の電源開発を担う東海支社では「1kWhでも多くクリーンな電気をお客さまのもとへお届けする」ため、平成4年度から、老朽化した設備を取り替える際に、効率の良い水車を採用し、今までと同じ水量で出力を増加する工事を実施しました。
 現在、木曽川にある33箇所の発電所の合計出力は、1,064,050kWとなっています。

出力アップ発電所

発電所名 工事完了年月 認可出力増加分
overhole.jpg (67675 バイト)
桃山発電所 平成6年6月

1,000kW

田光発電所 平成6年2月

350kW

橋場発電所 平成6年2月

100kW

相之沢発電所 平成7年2月

100kW

須原発電所 平成8年1月

800kW

読書発電所 平成10年2月

2,300kW

大井発電所 平成9年11月

4,000kW

大桑発電所 平成11年9月

500kW

常盤発電所 平成12年3月

400kW

滝越発電所 平成14年5月

1,400kW

御岳発電所 平成16年5月

2,600KW

合計

13,550kW

maehe.gif (1234 バイト)

 
東海支社HOME
企業情報