エネルギー・安定供給Energy・Stable Supply

  1. 01安全対策

    福島第一原子力発電所のような事故を二度と起こさないために―
    新規制基準への適応や当社の自主的な安全対策の取組みについてご説明します。

    Morechevron_right
  2. 02高経年化対策

    原子力発電所の運転期間は原則40年、それを超えて運転を続けるためには、原子力規制委員会の認可を受けなければなりません。これを踏まえた当社の取組みをご説明します。

    Morechevron_right
  3. 03人材と体制

    当社は、原子力発電所の安全を支える人材を継続的に育成するとともに、環境変化に柔軟に対応できる体制の構築にも取り組んでいます。

    Morechevron_right
  4. 04終わりなき改善活動

    原子力発電を将来に亘って安全に運転し続けるために、国内だけでなく海外の原子力事業者の知見を取り入れるなど、更なる安全性向上を目指し継続的に取組みを改善しています。

    Morechevron_right
  5. 05安全を安心に

    社会のみなさまとのコミュニケーション活動を通じて、原子力に対する不安や心配、疑問などの声に真摯にお答えする活動を行っています。

    Morechevron_right
  6. 06安全最優先の理念の浸透

    安全を最優先に活動を行う理念・文化を社内に浸透させ、今後も脈々と受け継いでいきます。この理念はどれだけ時がたっても風化することはありません。

    Morechevron_right
  7. 07自主的安全性向上
    ロードマップ

    原子力発電の自主的かつ継続的な安全性向上に向けて、主要な8つの取組みを3ヵ年のロードマップに取りまとめ、その取組み状況を定期的に公表しています。

    Morechevron_right