事業所・関連施設

若狭トピックス

越前若狭のふれあい 特別号 2011年3月

東北地方太平洋沖地震にかかる関西電力の対応について

 このたびの東北地方太平洋沖地震により被害を受けられた皆さま、および関係される方々に、心からお見舞い申し上げます。
 3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により、運転中の東北電力女川原子力発電所、東京電力福島第一原子力発電所、福島第二原子力発電所、日本原電東海第二発電所の11基が地震により自動停止しました。福島第一原子力発電所や福島第二原子力発電所では、外部電源喪失に加え、非常用予備発電機が起動しない状況となり、原子力災害特別措置法に基づき、国の原子力緊急事態宣言が発令される事態となりました。
 なお、若狭地域にある当社原子力発電所は安全・安定な運転を続けており、影響はありませんでした。
 今後、当社は、原子力発電所を安全に運営する事業者として、今回の災害の状況や、このような事態に至った原因等について、積極的な情報収集に努め、原子力発電所の安全をさらに向上するための取り組みを早急に講じてまいります。

●地震発生後の当社の対応について

当社小浜営業所に3台配備した電源車
当社小浜営業所に3台配備した電源車

当社原子力発電所の安全性・健全性について
  • ○今回の事象を受けた機能点検として、3月11日に若狭地域にある当社プラント11基の非常用予備発電機の状態確認(油面、水位、温度、圧力等)を行い、問題のないことを確認しています。
  • ○今回の事象も踏まえて、3月12日に電源車を若狭地域に配備するなどの対応を実施しています。(当社小浜営業所に3台配備)
東北地方太平洋沖地震への応援について
  • ○東京電力の要請を受け、3月12日に5名の応援人員の派遣および放射線管理に関する資機材を提供しています。
  • ○3月12日、震災地域に電源車4台を応援派遣しています。
  • ○3月13日に化学消防車を1台、またさらに3月14日に10名程度の応援人員を派遣しています。
ABOUT US
検索ワード