サイトトップへ

黒部川第三発電所
戦前、「高熱隧道」の難工事を克服して完成した発電所。建設にあたっては、まず建設用ルート開削とその資材運搬のため、欅平(けやきだいら)に当時日本一の高さを誇る高さ200メートルの竪坑エレベーターと仙人谷までの軌道隧道を設けることになったが、隧道工事では高熱地帯に遭遇。約2年がかりで貫通させた。

黒部川水系の電源開発
1918年高峰譲吉博士、黒部川の電源開発に着目し、調査を開始
1927年柳河原(やながわら)発電所運転開始(出力54,000キロワット)
1936年愛本(あいもと)発電所運転開始(出力30,700キロワット)小屋平ダム完成黒部川(くろべがわ)第二発電所運転開始(出力72,000キロワット)
1940年仙人谷ダム完成、黒部川第三発電所運転開始(出力81,000キロワット)
1947年黒薙(くろなぎ)第二発電所運転開始(出力7,600キロワット)
1951年関西電力発足
1956年くろべがわ第四発電所建設工事着工
1957年5月大町ルートトンネル掘削工事で大破砕帯に遭遇→ 12月大破砕帯を突破
1961年くろべがわ第四発電所一部運転開始
1963年5月黒部ダム完成、6月くろべがわ第四発電所竣工(出力335,000キロワット)、10月新黒部川第三発電所運転開始(出力107,000キロワット)
1966年新黒部川第二発電所運転開始(出力74,200キロワット)
1985年音沢発電所運転開始(出力124,000キロワット)
1992年柳河原(やながわら)発電所運転停止
1993年黒部川第四発電所遠隔制御化、新柳河原(しんやながわら)発電所運転開始(出力41,200キロワット)
2000年宇奈月発電所運転開始(出力20,000キロワット)*出力値は現在のもの

黒部川(くろべがわ)第四発電所
水車発電機4台を擁する、幅22メートル×奥行き117メートル×高さ33メートルの全地下式発電所。黒部川水系の関西電力の10カ所の発電所の制御は、現在すべて下流の新愛本(しんあいもと)制御所で実施。かつて黒四発電所には十数人が配属されていたが、今や無人になっている。

黒部ダム
黒部川最上流のダム。堤頂(ていちょう)は標高1470メートル、高さ186メートル(日本一)、堤頂長(ていちょうちょう)492メートル、総貯水量約2億りっぽうメートルのアーチ式ダム。アーチ式とは、貯水した水の圧力を両岸の山で受け止める方式。黒部ダムは、アーチ式ダムの中でも力学的に最も進歩したドーム型で、お椀を縦に割ったような形をしている。6月26日〜10月15日までは、峡谷の景観維持のため、毎秒10トン以上の水量で観光放水を実施。

【目次へ】

おといあわせ

サイトトップへ

Copyright (C) 2008- KEPCO THE KANSAI ELECTRIC POWER CO., INC.