CSR行動原則~6つのaction~

お客さまや社会と共に歩む“地域創造活動”

地域の活性化に向けた取組み

お客さまや社会のみなさまからのエネルギーに関するニーズが多様化するなか、当社はこうしたニーズにしっかりと耳を傾け、地域のみなさまの良きパートナーとして、「共に考え、共に未来を創る」という思いを持ちながら、地域活性化と持続的発展に向けた取組みを進めています。

スマートコミュニティ構想などの実現に向けて

「バーチャルパワープラント構築実証事業」のイメージ

当社は、再生可能エネルギーや未利用エネルギー、水素など、地域の資源や特性を最大限活用し、家庭やオフィス、工場などをICTでつなぐことで、地域全体のエネルギー需給を最適化するスマートコミュニティへの取組みをさまざまな地域で進めています。大阪府堺市鉄砲町や大阪府吹田市の万博記念公園など関西地域ではもちろんのこと、神奈川県横浜市をはじめとする関西以外の地域へも、その活動領域を広げています。
 また、新たな技術への対応として、電力需給調整の方法として最近注目されているバーチャルパワープラント(VPP)の構築に向け、実証事業を進めています。本技術が実用化されることで、再生可能エネルギーのさらなる有効活用や、地域全体のエネルギー需給最適化が一層可能になる見込みです。

※ 各所に分散しているリソース(蓄電池、電気自動車等)を、IoTを活用して遠隔で統合制御し、あたかも一つの発電所のように機能させること

大阪都心部のまちづくり活動

当社は、大阪都心部などのまちづくりに、ハードとソフトの両面から貢献しています。その一つが、当社本店がある大阪・中之島での活動です。
 中之島のさらなる発展、活性化をめざす「中之島まちみらい協議会」の事務局として地区内の地権者企業などと共に、「中之島まちづくり構想」の実現に向けて取り組んでおり、河川水を利用した地域冷暖房システムの導入など、環境に配慮したまちづくりにも貢献しています。また、ライトアップイベント「大阪・光の饗宴」への協力など、中之島エリアの魅力向上のための取組みもおこなっています。
 さらに、2025年大阪・関西万博の開催が予定される夢洲でも、地元企業として自治体をはじめとする地域のみなさまや経済団体と連携しながら、まちづくりに貢献していきます。

企業誘致活動

地域の持続的発展をめざして、当社では自治体や関係各所と連携し、関西地域への企業誘致活動をおこなっています。新たな立地拠点を探しておられる全国の企業に対して、地域情報誌『Community Information』を通じた関西の産業用地や自治体の優遇制度のご紹介、企業訪問による提案活動を実施し、関西地域の発展につながるように努めています。

地域創造活動に関する取組み事例

CSR
検索ワード