みんなが住んでいる街を流れている川を、ずーっと上流までたどっていくと、コンクリートや岩などで水をせき止めている「ダム」にたどりつくことがあるよ。ダムは大きくて、はくりょくのある建物だし、きれいな湖の景色も楽しめる場所でもあるので、たくさんの人から注目を集めているんだ。ダムのことが大好きな「ダムマニア」とよばれる人たちもいるくらい、ダムにはたくさんの魅力(みりょく)があるんだ。今回は、みんなにも見てほしいダムのしょうかいと、ダムを作る目的、ダムで電気を作る「水力発電」について見ていこう。

「関西のダム」いろいろ、ダムの楽しみ方

最近はお休みの日などに、大むかしに建てられたお寺やお城、夜景がキレイなビルや工場、たくさんの飛行機がやってくる空港などの建物を見に行く人たちが増えているんだ。色々な建物の中でも、山や湖などの美しい景色と、はくりょくのある建物を一緒に楽しめる場所として、人気があるのが「ダム」なんだ。ここでは、関西電力が作ったダムの中で、一度はみんなに見てほしいものをしょうかいするよ。

【1】 大井ダム/岐阜県

「水の量が多い川」として知られる木曽川(きそがわ)にあるダムなんだ。大雨などによる洪水(こうずい)でダムから水があふれないように、ダムの水を川に流す門(洪水吐(こうずいばき)ゲート)の数が21もあるのが特長だよ。また、大井ダムを木曽川に作ったことで、美しい景色が見られる観光地「恵那峡(えなきょう)」ができたんだ。

大井ダム/岐阜県

【2】小牧(こまき)ダム/富山県

富山県にある小牧ダムは、今から80年以上も前の1930年(昭和5年)にできたダムなんだ。完成した当時は、高さが79.2m、堤頂長(ていちょうちょう=ダムの一番上の部分の長さ)約300mという大きさから「東洋一のダム」といわれていたんだ。2002年(平成14年)には、河川のダムでは全国で初めて、歴史的・文化的に価値が高い建物として「登録有形文化財(とうろうくゆうけいぶんかざい)」に選ばれたんだよ。

小牧(こまき)ダム/富山県

【3】小屋平(こやだいら)ダム(富山県)

1936年(昭和11年)に完成したダムで、水の力で電気を作る「黒部川第二発電所(くろべがわだいにはつでんしょ)」に水を送り届けているんだ。自然がゆたかな国立公園の中に作られたダムであることから、自然や景色を大切にするように建てられたんだ。小屋平ダムと黒部川第二発電所の設計をしたのは、日本の近代的な建築物を数多く手がけた山口文象(やまぐちぶんぞう)という有名な建築家なんだ。ダムの見学が好きな人たちからは、「すっきりした形で、カッコイイ」といわれているんだ。

小屋平(こやだいら)ダム(富山県)

【4】殿山(とのやま)ダム(和歌山県)

和歌山県の日置川にある殿山ダム。ダムの形やダムの作り方には色々とあるけど、殿山ダムは日本で初めての「ドーム型アーチ式ダム」なんだ。ダムの建物が半球状(樽(たる)を縦(たて)に割ったような形)になっているんだ。ユニークな形のダムなので、じっさいに見てみると面白いよ。日本で一番高いダムとして知られている「黒部ダム」と良くにた形なんだ。

殿山(とのやま)ダム(和歌山県)

大はくりょく!日本最大級のダム「黒部(くろべ)ダム」に行ってみよう!

日本にはたくさんのダムがあるけれど、「日本最大級のダム」として知られ、1年間に約100万人もの人々がおとずれる、観光地としても有名なダムが「黒部(くろべ)ダム」だよ。
黒部ダムは3,000m級の高い山々が連なる、とてもキレイな大自然の中にあるダムなんだ。大自然の中に、とても大きな黒部ダムがある風景は、ほかではなかなか見ることができない風景として人気があるんだ。

黒部ダム

黒部ダムはどこにあるの?どうやって行くの?

黒部ダムがあるのは、富山県の立山町というところだよ。美しい山の景色が楽しめる、「中部山岳国立公園(ちゅうぶさんがくこくりつこうえん)」の中にあるんだ。黒部ダムがある場所は、富山県と長野県の県境の近くなので、富山県側と長野県側のどちらからでも行くことができるよ。長野県側から行く場合は、まるで電車のように電気の力で走る「トロリーバス」に乗って行くんだ。日本でトロリーバスに乗れるのはここだけなんだよ。

黒部ダムはいつできたの?

黒部ダムは、水の力で電気を作る「水力発電(すいりょくはつでん)」を目的に、今から60年も前の1956年(昭和31年)に工事がスタートしたんだ。
高い山や深い谷が続く山おくに、大きなダムを作るためのたくさんの材料や機械を運んだり、トンネルをほったりすることになって、とてもとても大変な工事になったんだ。
黒部ダムが完成したのは、工事がスタートしてから7年がたった1963年(昭和38年)のこと。完成までに513億円ものお金と、のべ1,000万人もの人たちの力を集めて作られた、日本の歴史に残るダムなんだよ。

黒部ダムはなにがすごいの?

何といっても、そのスケールの大きさにビックリするはずだよ。黒部ダムの高さは、ダムとしては日本一になる186mもあるんだ。また、「堤頂長(ていちょうちょう=ダムの一番上の部分の長さ)」は、長さが492mにもなるんだ。
毎年6月26日から10月15日までの間は、ダムに貯めている水を川に流す「放水(ほうすい)」の様子を見ることができるんだけど、黒部ダムの放水量は、なんと1秒間に1万リットルにもなるんだ。ものすごい水しぶきがあがる放水は、まさに大はくりょくなんだ。
黒部ダムは水の力を使って電気を作る「水力発電」のために作られたダムで、1年間に10億kWh(キロワット)の電気を作っているんだ。これは、約30万戸が1年間に使う電気の量と同じくらいということになるんだよ。

黒部ダムについて、もっと知りたい!

黒部ダムの楽しみ方や、色々なひみつ、黒部ダムへの行き方など、たくさんの情報がしょうかいされているホームページがあるから、ぜひ見てみてね。
黒部ダム オフィシャルサイト 

(2016年8月時点の内容です)

Pick Up

  • 火力発電の燃料について
  • 電柱のナゾ!?
  • もしもの時に、家族と連絡を取る方法