プレスリリース

2003年12月18日

高浜発電所1号機および2号機の定期安全レビュー報告書のとりまとめならびに高経年化対策に関する報告書の提出について

 当社は、高浜発電所1号機および2号機(加圧水型軽水炉 定格電気出力82万6千キロワット、定格熱出力244万キロワット)の定期安全レビューを実施した結果を報告書としてとりまとめ、この内、高経年化対策に関する報告書について、本日、経済産業省原子力安全・保安院へ提出しました。
 定期安全レビューは、運転経験の包括的評価、最新の技術的知見の反映状況および確率論的安全評価に基づき、発電所の安全性・信頼性を一定期間ごと(10年以内)に、総合的に評価する活動であり、さらに営業運転開始後の経過年数が30年を超える前には高経年化対策の検討についても併せて実施することとしております。高浜発電所1号機および2号機は、営業運転開始後30年に近づいてきたことから、高経年化対策の検討についても、今回の定期安全レビューの活動の中で併せて実施しました。  
 今回実施した定期安全レビューの概要は以下のとおりです。

  1. 運転経験の包括的評価
     「品質保証活動」、「運転管理」、「保守管理」、「燃料管理」、「放射線管理及び環境放射線モニタリング」、「放射性廃棄物管理」、「事故・故障等発生時の対応及び緊急時の措置」、「事故・故障等の経験反映状況」の各分野ごとに、第1回定期安全レビュー評価完了後の平成8年4月から平成15年3月末までの評価対象期間において、各種データトレンド、設備や管理の改善状況等を整理し、当該号機の安全性等を維持向上させる諸活動が適切に実施されていることを確認しました。


  2. 最新の技術的知見の反映状況の評価
     原子力発電所の安全性に関する種々の研究の成果、国内外発電所の事故・故障等から得られた教訓、ならびに設備の信頼性向上等のための技術開発の成果に基づく知見等についても、第1回定期安全レビュー評価完了後の平成8年4月から平成15年3月末までの評価対象期間において、設備の更新や改造等を行うことにより適切に反映されていることを確認しました。


  3. 確率論的安全評価
     原子力発電所で発生する可能性がある異常事象を想定し、その後の事象進展について、炉心および格納容器の健全性の維持のための安全上の特徴を把握し、原子炉の停止、炉心の冷却、放射性物質の閉じ込めといった基本的な安全機能が発電所の高い安全性を確保していることを確率論的安全評価で確認しました。


  4. 高経年化対策
     平成8年4月、国が示した「高経年化に関する基本的な考え方」に基づき、高経年化に係る技術評価を行い、現状の保全の継続および点検・検査の充実等により、今後、長期間の運転を仮定しても安全に運転を継続することが可能であることを確認しました。その結果を受け、充実すべき課題およびその対策については、長期保全計画としてとりまとめ、今後はこの長期保全計画に基づく保全活動を実機へ具体的に反映し、定期検査時等に実施していきます。
     以上の高経年化に係る技術評価および長期保全計画をとりまとめた高経年化対策に関する報告書について、本日、経済産業省原子力安全・保安院へ提出しました。  
 以上のことから、高浜発電所1号機および2号機の安全性・信頼性は高い水準にあることが確認できました。  
 当社といたしましては、本評価結果を踏まえ、今後、営業運転開始後の経過年数が30年を超える前に、運転方針をとりまとめることを考えています。
 当社は、今後とも安全・安定運転に努めるとともに、安全性・信頼性のより一層の向上に取り組んでまいります。

以  上

<参考資料>