プレスリリース

1999年4月26日

原子力発電所2000年問題対策に関する報告について

 当社では、かねてより「コンピュータ西暦2000年問題検討委員会(委員長:宮本副社長)」を設置するなど全社的に対策を進めておりますが、先般、通商産業省からの要請を受けて大飯発電所1号機の検討結果と対策状況にかかる調査報告を行いました。

 本日、その結果が中間とりまとめとして通商産業省から発表されました。その中では、大飯発電所1号機等の国内代表7プラントの2000年問題対応状況に対して「原子力発電所2000年問題調査委員会」(以下調査委員会)で専門家等が審議を行った結果、問題調査・改修作業等が適切に行われており、その対応が妥当であるとの評価をいただいております。

 当社は本調査委員会において評価された大飯発電所1号機以外の原子力プラントについても十分な対応を実施しているところでありますが、今後、同様に本調査委員会で確認される予定であります。

 なお、当社では11プラント全てにおける問題調査が完了しておりプラント制御機能には全く問題ないことを確認しております。また、プラント制御に関係しないシステムで一部、表示不良等が生じることがわかりましたがこれらについては、5プラントで対策が完了しており、残り6プラントについても本年10月までに完了する予定であります。

以 上  

<参考資料>