プレスリリース

2003年7月31日

当社の電力が「エコリーフ環境ラベル」認証を取得

 このたび、当社の供給する「系統電力」が、経済産業省所管の社団法人、産業環境管理協会(JEMAI)(※1)が推進する「エコリーフ環境ラベル」の認証を取得いたしました。

 「エコリーフ環境ラベル」は、環境に関する国際規格であるISO14040シリーズに基づくLCA (ライフサイクルアセスメント) 手法(※2)により算出した製品の定量的な環境負荷データを、第三者認証による環境ラベルとして積極的に開示していくことを目的に、JEMAIが推進しているものです。これまでは企業や自治体のグリーン購入を行う際の一つの目安として、主にOA機器メーカーなどがパソコンやプリンタ等の製品について取得していますが、今回の「系統電力」のように、エネルギーサービスの分野で形のない製品が認証を取得するのは初めてのことです。

 当社は、従来から地球環境保全に積極的に努めるとともに、CO2排出量などの環境負荷低減を図ってまいりました。特に原子力発電の推進等により、電気使用量1kWhあたりのCO2排出量は0.26kg-CO2/kWhと、国内の電力会社で最も低いレベルを達成しておりますが、電力自由化が進む中で、今回「エコリーフ環境ラベル」の認証を受けたことにより、環境負荷の低い当社の電気を選んでいただけるよう、PRしてまいります。

 なお、当社系統電力の環境情報を表示した「エコリーフ環境ラベル」は、本日より当社ホームページ(http://www.kepco.co.jp)で公開するとともに、JEMAIホームページ(http://www.jemai.or.jp)でも公開される予定です。当社は、今後もこうした環境情報の開示を通じて、お客さまの信頼に応えてまいります。

【認証を受けた主な環境データ】
製品名 系統電力
仕 様 60Hz
対象年度 2002(平成14)年度
ライフサイクルにおける温暖化負荷 0.31kg-CO2/kWh
発電に伴うCO2排出量 0.26kg-CO2/kWh(全日平均)
    0. 27kg-CO2/kWh(昼間)
    0.24kg-CO2/kWh(夜間)

(※1)社団法人産業環境管理協会(JEMAI)
  昭和37年に発足した環境管理に関する諸活動を行う公益法人。地球温暖化対策に関する調査・研究、「ISO14000シリーズ」の普及・推進、LCAの調査研究等に取り組んでいる。
(※2)ISO14040シリーズに基づくLCA (ライフサイクルアセスメント)手法
  製品やサービスなどにかかわる原料の調達から製造、流通、使用、廃棄、リサイクルに至るライフサイクル全体を通じた環境に与える負荷を定量的に評価する手法である。

以 上

 

<参考資料>