プレスリリース

1999年10月26日

「社会福祉法人 かんでん福祉事業」による、特別養護老人ホーム「エルホーム芦屋」他の運営開始について

 高齢化社会が国民的課題となっている今日、関西電力(株)では、阪神淡路大震災により倒壊した従業員向け福利厚生施設「打出クラブ」跡地の有効活用を図るため、地域密着型の企業として、社会貢献・地域共生の観点から、平成10年10月に社会福祉法人「かんでん福祉事業団」を設立し、特別養護老人ホーム「エルホーム芦屋」他の建設を進めて参りました。
この度、建設工事が、無事故・無災害のうちに完了し、11月1日から施設運営を開始します。
 今後「エルホーム芦屋」他では、「高齢者の自立サポート」、「地域社会との交流」、「環境との共生」を基本コンセプトにして、高齢者の方々に豊かな日常生活の場を提供して参ります。
  1. 運用開始日:平成11年11月1日(月)

  2. 施設名称:特別養護老人ホーム「エルホーム芦屋」他

  3. 事業内容:
    (1)施設サービス 定 員
      特別養護老人ホーム
    ケアハウス
    老人保健施設
    「エルホーム芦屋」
    「エルライフ芦屋」
    「エルステイ芦屋」
      80名
    40名
    35名
    (2)在宅介護支援サービス
      在宅介護支援センター
    ショートステイ
    デイサービス
    デイケア
    ホームヘルプサービス他
    「エルケアセンター芦屋」
    「エルホーム芦屋」
    「エルケアセンター芦屋」
    「エルステイ芦屋」
       
    20名
    28名
    10名

  4. 施設整備上の特徴
    (1) 個室化の推進(プライバシーの確保)
    (2) 各階2ヶ所の食堂(特養)(グループホーム的運営)
    (3) 各種サポートシステムによるきめ細やかなケアの実現
     ・PHSケアコールシステムの採用
     ・トイレセンサーの採用
     ・おむつセンサーの採用
     ・介護支援情報システムの採用
     ・PHS所在地検索システムの採用
    (4) オール電化設備の採用
     ・オール電化厨房
     ・深夜電力を利用した給湯、空調、床暖房システム
    (5) 地域の皆様に活用いただける地域交流スペースの設置
    (6) 新エネルギー・新技術の採用・資源のリサイクル・環境との共生
     ・太陽光発電設備の設置
     ・電気自動車の採用
     ・せせらぎ、中庭散水への雨水利用
     ・生ゴミ処理機の採用
     ・緑豊かな植裁の実施

以 上  

<参考資料>