あくなき安全性の追求
自然現象に備える

メニューを開く

あくなき安全性の追求(原子力発電における安全への取組み

メニューを閉じる

関西電力の原子力発電所では、自然現象の発生によって、安全上重要な機器が同時に使えなくなることを防ぐために、自然現象の想定を大幅に引き上げた上で、防護対策を実施しています。

外部火災から発電所を守る

発電所の周辺で発生した森林火災が、発電所設備に影響することを防ぐため、発電所の敷地外周の樹木を伐採し、幅18mの防火帯の確保を進めています。

防火帯(樹木伐採箇所)

大飯発電所の防火帯

竜巻による飛来物からから発電所を守る

風速100m/秒の竜巻が発生した場合に鋼製材が飛来すると想定し、これら飛来物から海水ポンプを守るために竜巻対策設備を設置しています。

竜巻飛来物対策設備

安全性向上に対する当社の姿勢、これからのアクション

関西電力の安全文化

私たち一人ひとりの安全への想い

一意専心 -関西電力の安全DNA-

原子力発電に関する公開情報

関西電力では、原子力発電の立地地域の方々をはじめ、社会の皆さまから安心・信頼いただける発電所を目指し、「発電状況と環境モニタリング」「保守運営・保全対策」「事故やトラブルの報告」等の積極的な情報公開に努めています。

公開情報一覧へ

あくなき安全性の追求(原子力発電における安全への取組み)

  • 原子力発電について
  • エネルギー問題と原子力
  • 原子力発電の概要(しくみ)
  • 美浜発電所3号機事故について
  • 関西電力の原子力関連施設