再生可能エネルギーへの取組み
私たちの取組み~これまでとこれから~

  • 再生可能エネルギーへの挑戦
  • 関西地域に適した再生可能エネルギーの模索
  • 再生可能エネルギーの普及・拡大に向けて

再生可能エネルギーの開発状況と今後の計画は?

太陽光・風力発電について

太陽光発電では、2015年、当社グループの太陽光発電所で最大規模となる有田太陽光発電所が運転を開始、2016年11月には、当社グループで9番目の太陽光発電所として山崎太陽光発電所が運転開始しました。9ヶ所合計の出力は約79,000kWとなります。
また、風力発電では、愛知県田原市で当社グループで2ヵ所目となる田原4区風力発電所(6,000kW)が2014年5月に運転を開始しています。

田原4区風力発電所(愛知県田原市)
田原4区風力発電所(愛知県田原市)

水力発電について

小水力発電としては、既存水力発電所の設備更新による出力増加のほか、黒部川水系の出し平ダムで「維持流量発電」を計画しています。ダム下流の環境保全などのために放流している水を利用して発電するもので、大切な資源を最大限活用していきたいと考えています。

出し平ダム
出し平ダム

その他の発電について

兵庫県朝来市では未利用木材を活用したバイオマス専焼発電所を建設、地元自治体や県森林組合連合会らと検討を実施し、2016年12月1日より事業化しました。県森連等が燃料となるチップを製造し、グループ会社が発電事業を行い、関西電力に売電する官民協同のスキームを確立しました。

エネルギー