01 電気を生み出す/水力発電所 出し平発電所の新設

大切な水を有効に使う「維持流量発電」

豊富な水量を誇る黒部川。その黒部川水系の出し平(だしだいら)ダムでは、大切な水をさらに有効に使うための取組みが進められています。

これは「維持流量発電」と呼ばれるもので、ダム下流の景観の保全等、河川環境を維持するために放流している水を利用して発電するものです。平成26年度内の営業運転を目指して準備を進めており、最大出力は510kW、年間発電電力量は約170万kWhを見込んでいます。一般家庭の年間電気使用量に換算すると約500軒分に相当します。比較的小規模な発電所ですが、黒部川水系の大切な水をできるだけ有効に使うための取組みの一環で、再生可能エネルギーの普及促進につながるものです。また、環境面だけではなく、このような取組みを積み重ねることで、エネルギーセキュリティ(電源の多様化)や供給力確保にも貢献するものだと考えています。

当社は、引き続き、再生可能エネルギーの導入に積極的に取り組むとともに、さらなる供給力確保に努めてまいります。

  • 01 電気を生み出す
  • 02 電気をつなぐ
  • 03 電気を届ける
  • 04 電気をコントロールする
電気をお届けするステップ 01.電気を生み出す 水力発電所