関西電力の「働き方」改革・健康経営の一体的推進

トップページへ戻る

work & health 1

関西電力の「働き方」改革・健康経営とは?

当社は、従業員の生産性やモチベーションを最大限に高めると共に、今後の競争に打ち勝っていくための人的基盤の整備といった観点から、「働き方」改革と健康経営の一体的推進を中期経営計画の重点取組みとして位置づけて積極的に取り組んできました。
「働き方」改革について、これまでは、良い意味でオンもオフも会社中心でしたが、今後は、子育て・介護等も含めて、社員一人ひとりの家族の事情も理解し合い、助け合い、尊重し合うことが重要です。「働き方」改革を進めるにあたり、一人ひとりの休日を充実させると共に、それぞれのオフの充実を職場が理解して支援しあうという考え方が、ダイバーシティにもつながります。
また、お客さまや社会のニーズが多様化するなか、様々なニーズに合わせたサービスを提供し、イノベーションを起こしていくことも重要です。このためには、社員が同じ価値観ではなく、多様な価値観を持ち認め合うことが必要であり、「働き方」改革に取り組んでいくことが、会社のイノベーションを起こし、生産性向上や会社の成長につながっていきます。
そして、これらの取組みを支えているのは従業員であり、この従業員が健康で活き活きと働くことが何よりも大切です。従業員の健康増進はセルフケアが基本ですが、ラインケアやグループケアを含めた職場ぐるみで健康行動に取り組むことで、さらなる本格的な健康経営を推進していきます。

推進のポイント

  1. トップによるコミットメントを継続・強化しています

    「働き方」改革と健康経営の推進においては、特に事業部門や職場のトップが主体的に取組みを進めていくことが重要だと考えています。そこで、「働き方」改革・健康経営の推進責任者である社長のもと、「働き方」改革・健康経営委員会で議論した各施策を展開するとともに、社長自らも、社内ポータルサイトなどを通じてメッセージを発信するなど、率先して垂範しています。

    健康経営宣言
     関西電力は、「お客さまと社会のお役に立ち続ける」という使命を全うするため、従業員の健康を経営の柱とし、従業員の心身の健康の保持増進ならびに生活の質の向上を積極的に支援します。
     あわせて、時間より価値創造に軸足を置いた働き方を実践し、生産性の向上や長時間労働解消はもとより、ダイバーシティ推進、人財力改革を通じたダイナミックなイノベーションを実現し、健康経営の効果を一層高めます。
     関西電力は、これからも、人を大切にするという考えのもと、従業員の健康増進に努め、「明るく豊かな未来の実現」に貢献してまいります。
  2. 明確な目標を掲げて取り組んでいます

    長時間労働の是正や「休み方」改革、ダイバーシティ推進等に資する分かりやすい目標を掲げ、各取組みを展開しています。

  3. 事例を「見える化」して水平展開を図っています

    「働き方」改革・健康経営のための社内専用サイトを作り、仕事のやり方や意識改革、健康行事等の取組みについて、それぞれの職場での創意工夫をこらした取組みを、写真つきのメッセージで投稿させ、特に優秀な取組みは、「働き方」改革・健康経営大賞として報賞しています。

work & health 2

目標と目安

中期経営計画(’19-’21)の目標

「時間の達人」・
「健康の達人」になる

時間の達人

状況

男性育児休職取得率 109%
有給休暇取得率 97.1%
総労働時間削減率 ▲2%削減
  • ※育休取得率=出産者のうち、調査時点までに育児休業を開始した者(開始予定の申出をしている者を含む。)の数/調査前年度1年間の出産者(男性の場合は配偶者が出産した者)の数

健康の達人

状況 先進企業平均
適正な体重 67.1% 71%
運動習慣 34.9% 21%
喫煙習慣 25.5% 26%
飲酒習慣 17.0% 14%
適正な睡眠 77.4% 60%
(備考)項目補足説明
  • 適正な体重:BMIが18.5以上25未満の者の割合
  • 運動習慣:週2日以上の運動をする者の割合
  • 喫煙習慣:喫煙者の割合
  • 飲酒習慣:1日平均2合以上飲酒している者の割合
  • ※先進企業平均は経済産業省HPより作成
work & health 3

健康経営優良法人 ホワイト500に認定されました。

経済産業省は、健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」し、社会的評価を得られるようにする、健康経営優良法人認定制度を推進しています。
関西電力は、このなかでも大規模法人を対象とした、「大規模法人部門(ホワイト500)」に2017年から2020年の4年連続で認定されました。
当社における「人を大切にする経営」の理念や、従業員の健康に対する取り組みが評価されたものと考え、今後さらに取り組みを強化していきます。

2020健康経営優良法人ホワイト500

【健康経営優良法人認定制度とは?】

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。健康経営に取り組む優良な法人を認定することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目的としています。