お知らせwhat's new

プレスリリース

2019

2019年8月29日
関西電力株式会社

停電復旧状況のホームページでの発信およびAIを活用した停電情報自動応答サービスの運用開始について

 当社は、2018年9月4日に襲来した台風21号の影響により、広範囲かつ長時間にわたる停電を発生させ、今後の大規模災害時におけるより的確で盤石な対応を図るため、社長を委員長とする「台風21号対応検証委員会」を設置し、幅広く対策の検討を行い、先日、取組み状況を取りまとめました。

 (2019年7月4日 お知らせ済)

 このうち、システム開発中としていた「停電復旧状況のホームページ(HP)での発信(復旧ステータスの提示)」および「AIを活用した停電情報自動応答サービス」について、システム開発が完了し、運用を開始することになりましたので、お知らせします。

○停電復旧状況のHPでの発信
  • 概要 :各事業所に配備されているスマートフォン等とHPを情報連携し、現場の停電復旧状況をタイムリーにHPで発信する。
    停電復旧状況の項目として「停電原因調査中」「復旧工事手配中」「復旧工事準備中」「復旧工事中」「復旧工事完了」の5段階で掲載する。
  • 運用開始日:2019年8月29日
○AIを活用した停電情報自動応答サービス
  • 概要 :コールセンター以外の非常時受付機能として、お客さまが発話した住所を自動認識して、HP上の停電情報を自動音声にて回答するサービス。
  • 運用開始日:2019年9月9日

 当社は、台風21号対応で得られた教訓をしっかりと継承していくことで、電気をはじめとするエネルギーを安全かつ安定的にお届けし、社会の皆さまの暮らしを支えるという大切な使命を果たしてまいります。

以 上

プレスリリース

検索ワード