コラム|体の変化を楽しんで【田中理恵】
For You
2021.8.31

コラム|体の変化を楽しんで

現役時代も今も、地元の和歌山は心が落ち着く場所だ。海や山、田んぼにカエルの声、友人とのおしゃべり。ほっとすると同時に、「がんばらなきゃ」とやる気になる。今はなかなか帰れないが、3歳の娘にせがまれて毎晩実家とテレビ電話をしている。地元の食べ物では紀州南高梅の蜂蜜漬けが大好物で、ロンドンオリンピックにも持って行った。クエン酸が摂れてパワーチャージできる。そのまま食べるだけでなく、サラダに入れたり、お吸い物にしたりと楽しんでいる。

ステイホーム期間も、縄跳びなどで体を動かしている。娘と手を繋いで引っ張り合いっこをして、遊びながらストレッチをすることも。赤ちゃんのときは、寝かしつけようと抱っこしたまま、スクワット。小さなことでも、習慣づけると効果は大きい。デスクワークの途中で肩甲骨を回してほぐす、エレベータを使わず階段を使う、洗い物をしながらつま先立ちをするだけでもトレーニングになる。体が「動きたい! 伸ばしたい!」と欲したとき、気持ちよく体を動かすのがおすすめ。汗をかくことはメンタル面のリフレッシュにも効果大。1日5分でも続けて、体が変化する嬉しさを感じてほしい。

体操が大好きだから、夢中になって続けられた。好きなことには集中できる。無心に塗り絵をしている娘を見ても、そう思う。最近、我が家に小さい平均台がやってきた。家で逆立ちなどをしては、娘に「あぶないよ」と注意されている私だが、「この平均台を使ってもっと鍛えるぞ」と楽しみにしている。

田中理恵
田中理恵 元体操女子日本代表
1987年和歌山県生まれ。美しい体操を武器に2010年世界選手権で日本女子初のロンジン・エレガンス賞受賞。12年全日本選手権、NHK杯で初優勝し、ロンドンオリンピックに出場。13年現役引退。2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会理事。スポーツイベントやテレビ番組への出演など、多方面で活動。
https://ameblo.jp/tanaka--rie/
<1>
CLOSE
ご意見・ご感想はこちらから