プレスリリース

プレスリリース検索
Loading
  • RSS

2012年12月18日
関西電力株式会社
日本原子力発電株式会社
独立行政法人日本原子力研究開発機構

若狭湾沿岸における津波堆積物の調査結果について

 関西電力株式会社、日本原子力発電株式会社、独立行政法人日本原子力研究開発機構の3社(以下、「3社」)は、平成23年10月24日から三方五湖およびその周辺において津波の堆積物調査を開始しました。

 その後、同年11月11日付で原子力安全・保安院(以下、「保安院」)から東北地方太平洋沖地震の知見等を踏まえた原子力施設への地震動及び津波の影響に関する安全性評価の実施について指示を受けたことから、天正地震に関する評価を実施し、若狭湾に津波・暴浪などによる海水の流入があったとしても久々子湖の奥には至らない規模であったとの評価結果を同年12月21日に保安院に報告しました。

 この結果、保安院は、平成24年1月25日の地震・津波に関する意見聴取会において、「これまで得られている文献調査や水月湖等での調査等の結果を踏まえると、古文書に記載されているような天正地震による大規模な津波を示唆するものは無いと考えられるが、天正年間も含めてデータを拡充するために、津波堆積物について、さらなる追加調査を行う。」との見解を示しました。

 これを受け、3社は、平成24年2月17日から久々子湖東方陸域や猪ヶ池において津波堆積物の追加調査を実施し、天正地震による津波に関して、古文書に記載されているような大規模な津波を示唆する痕跡はないとの評価結果を同年6月21日に保安院に報告しました。

 本日、平成23年10月24日から実施していた津波堆積物調査における完新世(約1万年前以降)に関する評価結果について、原子力規制委員会に報告しました。

 調査の結果、各発電所の安全性に影響を与えるような津波の痕跡は、認められませんでした。

 今後も引き続き、地震や津波に関する情報の収集を行っていきます。

以 上