プレスリリース

2009年8月31日
関西電力株式会社

「関西電力グループ CSRレポート2009」の発行について

 当社は本日、関西電力グループのCSR(Corporate Social Responsibility)に関する取組みをとりまとめた『関西電力グループ CSRレポート2009』(以下、「本レポート」)を発行いたしました。

 当社グループでは、CSRを全うするため、2004年3月に「関西電力グループCSR行動憲章」を策定し、6つの行動原則に従って、事業活動を行っており、本レポートは、当社グループのCSRに関する取組みを社会の皆さまにご報告するものです。

 具体的には、商品・サービスの安全かつ安定的なお届けをはじめ、地球環境問題への取組み、地域社会への貢献などについて、2008年度の取組みをまとめるとともに、お客さまや専門家の評価・ご意見と、それらを踏まえた今年度以降の方針を掲載しています。主なトピックスは以下のとおりです。

 
◆ 特集「激動2008年−そのとき当社グループは、そして従業員は」
昨年は原油価格の高騰に始まり、世界的不況の直撃、また地球温暖化への関心の急激な高まりなど、激動ともいえる一年でした。そのような急激な変化への対応を、燃料調達、電気をつくる・送る・届けるなどを担う、第一線職場の従業員が、安全・安定供給の「使命感」を持って日々活動し、それぞれの社会的責任の達成に向け取り組んだことを紹介しています。
◆ CO排出原単位の2008年度実績(暫定値)0.299kg-CO2/kWh
2008年度のCO排出量は、5,173万t(2007年度比▲326万t)となりました。
CO排出原単位は、温対法の改正により2008年度実績から獲得したCOクレジット量を反映可能となっており、当社の2008年度実績(暫定値)は、0.299kg-CO2/kWhとなりました。

※目標は、2008〜12年度において、0.282kg-CO2/kWh程度

  1990年度 2007年度 2008年度
(暫定値)
CO排出原単位(kg-CO2/kWh) 0.353 0.366 0.299
(0.355※1
CO排出量(万t-CO2 4,261 5,499 4,360
(5,173※2
販売電力量(億kWh) 1,206 1,504 1,459※3
  • ※1および※2は、CDMクレジット等を除いた実数。なお、暫定値の確定は「地球温暖化対策の推進に関する法律」に基づき国から公表予定。
  • ※3は、実績値。

 当社としては、今後とも社会の皆さまとのコミュニケーションを一層推進し、透明性の高い事業活動を行うために、事業活動全般にわたるさまざまな情報を積極的にご提供していきたいと考えております。

以 上