プレスリリース

2007年8月24日
関西電力株式会社

プルートLNGプロジェクトの権益取得契約およびLNG売買契約の締結について

 当社は、平成19年7月27日、ウッドサイド・エナジー・リミテッド社(以下「ウッドサイド社」という)が西オーストラリア州北西部カラサ沖合で推進しているプルートLNGプロジェクトに参画することを決定しました。
[平成19年7月27日 お知らせ済み]



 当社は、本日、ウッドサイド社との間で、本プロジェクトの権益取得契約およびLNG売買契約を締結しました。


 本プロジェクトについては、2010年末からの生産開始を目指し、ウッドサイド社および東京ガスとともに、今後、LNG生産設備等の建設を進めてまいります。



オーストラリア政府が定めた一定の区画(鉱区)におけるガスの探鉱・生産活動を実施する権利およびガスの液化、貯蔵・出荷、販売を行う事業会社の株式を取得するもの。



<契約概要>
  ◇権益取得契約
   
売  主 ウッドサイド・バラップ社(ウッドサイド社・100%子会社)
買  主 Kansai Electric Power Australia Pty Ltd〔平成19年8月1日設立〕
「関電オーストラリア社(当社・100%子会社)」
取得内容  
   
  ・WA-350-P鉱区(プルート・ガス田を含む)の権益5%を取得
  ・ガスの液化、貯蔵・出荷、販売を行う事業会社の株式5%を取得 等
     
  ◇LNG売買契約
   
売  主 プルートLNG社(LNG販売事業会社)
買  主 関西電力株式会社
契約期間 2010年末から15年間
契約数量 175~200万トン/年
受渡条件 FOB(積地渡し)〔一部Ex-Ship(着桟渡し)を含む〕



以  上