プレスリリース

2004年5月7日

長浜営業所における当社お客さま情報の漏洩について

 滋賀県内における当社のお客さま情報のうち183件分が、当社長浜営業所※1から外部に漏洩していたことが、このたび判明しました。  
 当該のお客さまをはじめとする皆さまに対し、深く、お詫び申し上げます。

<概 要>
本年2月20日、当社に対し「滋賀県において関西電力の社員が、ある電気工事業者に対し、お客さま情報を提供している。」との内容が記された匿名の投書があり、当社では事実関係を把握するため、警察ご当局にも相談の上、これまで、社内で慎重に調査を進めてきました。
その結果、平成12年11月頃から平成15年5月頃の間で、複数回にわたり、
  滋賀県のある電気工事業者(団体役員)が、動力契約のあるお客さまに対して主開閉器契約※2への変更とそれに伴う設備の改修等を働きかけるため、製材業、板金業、幼稚園・保育所等のお客さまを抽出。
  抽出したお客さまについて、当社長浜営業所の社員に対し、電力使用量や契約電力といったお客さま情報を提供するよう依頼。
  当社社員(計5名、うち1名は平成14年に退職)が、お客さま情報を同電気工事業者に提供。

 

していたことが明らかになりました。

 なお漏洩したお客さま情報については、当事者、及び情報を入手した可能性のある関係者を遡り、可能な限り回収しております。

 お客さま情報の漏洩は決してあってはならないことであり、当社としても、本件に対して厳正に対処するとともに、今後、このようなことが起こらないよう、社員教育の充実や情報セキュリティの強化等、一層の情報管理厳正化にむけ、グループをあげて取り組んでまいります。

以 上

※ 1  長浜営業所は平成15年6月末日で廃止し、彦根営業所に統合している。
   
※ 2 主開閉器契約
  動力契約をご希望されるお客さまとの契約形態については、電気機器の容量をもとに一定の算式に基づき契約電力を決定する方法(負荷設備契約)と、あらかじめ設置した契約主開閉器の定格電流に基づき契約電力を決定する方法(主開閉器契約)の二通りがある。
  主開閉器契約は、電気機器を複数同時に使わない(例えば、製造工程上、複数台ある電気機器を順にご使用になる場合)など稼働率が低く、さらに、契約主開閉器で電気がしゃ断された場合でも大きな影響を受けないお客さまに選択していただくことができる契約であり、平成8年より実施している。
  主開閉器契約では、契約主開閉器の定格電流にもとづき、契約電力を決定することから月々の契約電力を抑えることができる場合もある。


<本件に関するお客さまからのお問合せ先>
 最寄の関西電力の営業所までお問合せ下さい。

<参考資料>


検索ワード