プレスリリース

2003年10月23日

BNFL製MOX燃料データ改ざん問題に関する 再発防止に向けた品質保証活動の改善状況の報告について

当社は、平成11年9月に発覚したBNFL製MOX燃料問題に関し、海外加工メーカーによるデータ改ざんの不正等の再発を防止するためにこれまで取り組んできた、品質保証活動の改善状況を、本日、経済産業省、福井県、高浜町および京都府へご報告しました。

 BNFL製MOX燃料問題は、英国BNFL社が製造した当社MOX燃料の製造において、BNFLがデータ改ざんなどを行ったものですが、当社は不正監視など、今後このような問題が再発しないよう、以下の2点について品質保証活動の改善に取り組んできました。

<品質保証活動の改善内容(概要)>
  (1) 契約から加工期間を通じて、メーカーに対し、データ改ざんなどの不正防止を含む当社の要求品質を確保させるための仕組みづくり
  加工契約時に、当社がメーカーに対して行う品質保証上の要求事項を明確化
  加工前に、メーカーにおいて当社の要求通り品質保証の仕組みが整備されているかをチェックするシステム監査を実施
  加工期間を通じて、工程監査や検査等を行うための社員を派遣
  信頼性向上のため、当社が行う監査・検査において第三者機関の確認を受ける
  (2) 原子燃料部門を中心とした、チェック機能を含めた品質保証体制の充実
  組織体制の強化等を実施
  異常時の通報連絡体制の整備を実施

 従来から当社は、全社的に品質保証活動の改善に向けた取り組みを継続して行っていますが、本日は、このうちMOX燃料のデータ改ざん問題に関する内容について、ご関係の皆さまにご確認頂くためにとりまとめを行ったものです。ご報告した内容については、品質保証の専門家による指導やISO認証機関による国際的な品質マネジメントの観点からの助言を受けています。また今年10月1日に施行された改正原子炉等規制法等の法令規制を具体化した、新しい品質保証規程[JEAC 4111-2003](H15.9.30 (社)日本電気協会策定)も、いち早く社内標準に取り込んだものとしています。

 当社としては今後、ご報告内容を経済産業省、福井県、高浜町および京都府にご確認頂き、皆さまのご理解のもと、今年度内のMOX燃料加工契約締結を目指してプルサーマル計画を推進していきたいと考えています。

以 上

<参考資料>