プレスリリース

2003年2月26日

株式公開買付けの開始とその賛同について

 関西電力株式会社は、明日(2月27日)より3月19日まで、大阪メディアポート株式会社の株式の公開買付けを行うこととしました。
 また、大阪メディアポートは本日、関西電力による株式の公開買付けについて賛同の意を表明することを決議しました。

 関西電力グループでは地域とIPに特化した総合的な通信事業を推進しており、その中で法人向けサービスを主な事業内容としている大阪メディアポートは、平成13年10月、全国的な企業向けIPサービスのさらなる強化に向け、株式会社パワードコムに営業の大半を譲渡し、パワードコムを主体に足回り回線を提供する地域会社となり、現在に至っております。しかし、通信業界における競争はますます激化しており経営環境は厳しい状況です。

 そこで、関西電力ではグループの経営資源を集約し、より一層の機動的な運用と最大限のシナジーを発揮できる体制に整備するため、大阪メディアポートの子会社化を図るべく、株式の公開買付けを実施することとしました。
 また、大阪メディアポートは、関西電力による株式の公開買付けは光ファイバー資産など関西電力グループが持つ経営資源の活用が期待でき、収益の向上に寄与することから今後の発展に大いに資するものと判断し、本日開催の取締役会において、関西電力による株式の公開買付けについて賛同の意を表明することを決議しました。

 両社は、今回の株式公開買付けを通じ、今後もより一層のグループ総合力の強化を図っていきたいと考えています。

以 上


 

<参考資料>