プレスリリース

1999年6月11日
関西電力株式会社

原子力発電所の通報連絡と安全確保の徹底について

 去る5月26日、定期検査中の美浜発電所3号機において発生した主蒸気管水撃事象につきましては、その報告が翌日となり通報連絡の適切さを欠いたこと、さらに事象の発生原因がヒューマンエラーであったことから、県民のみなさまに多大なご心配をおかけしましたことを深く反省し、お詫びいたします。

 当社といたしましては、発電所運営に当たって地域の信頼やご理解を得ることが、まず基本であることを再認識し、原子力に従事する者としての社会的視野の拡大と技術レベルの向上に向けた取り組みを早急に強化する必要があると考えております。

 6月3日、福井県ご当局から通報連絡の徹底とヒューマンエラーの防止等についてのご要請に対しまして、本日、別紙のとおりご報告いたしましたので、お知らせいたします。

 当社として決意をあらたに総力を挙げて取り組んでいくとともに、安全協定の主旨も十分踏まえ、原子力発電所の安全確保と県民のみなさまの信頼回復に努めてまいる所存でございます。

<参考資料>