プレスリリース

1999年2月22日

使用済燃料構内輸送容器に関する再点検結果の報告について

  昨年12月3日、当社はこのたびの燃料輸送容器のデータ問題に対しまして、再発防止対策等今後の取り組みならびに容器の遮へい安全性評価結果を通産省に報告しました。
 本報告に対し通産省からは、再発防止対策に万全を期すとともに、個々の輸送容器の遮へい性能の妥当性を再点検するよう指示を受けております。(お知らせ済み)

   当社は、大飯発電所使用済燃料構内輸送容器について、再点検等を進めてまいりましたが、この程、本輸送容器の遮へい性能の妥当性を確認し、本日、再点検結果を通産省に報告しましたのでお知らせいたします。

  当社としましては、今後、使用に向けて所定の手続きを進めてまいりたいと考えております。

   なお、再発防止対策につきましては、品質管理の徹底等の対策を実施するとともに、モラルの維持・向上等に努めているところです。

 以 上  

<参考資料>