原子力発電について
放射線と放射能

放射線は物質から放出される
エネルギーです

「放射線」は、放射性物質から放出される粒子や電磁波のことです。放射線を出す能力を「放射能」、放射線を出す物を「放射性物質」といいます。
懐中電灯にたとえると、放射線は光、放射能は光を出す能力、放射性物質は懐中電灯となります。

放射性物質を懐中電灯に例えた場合

放射線物質を懐中電灯に例えた場合

放射線を出す能力や人体への影響など、表すものによって単位は異なります

放射線の単位には、放射線を出す能力(放射能)に注目した単位「ベクレル」と、放射線を受ける方に注目した 単位「シーベルト」があり、目的に合わせて使い分けられています。
放射線が人体に与える影響は、放射線の種類やエネルギーの大きさ、放射線を受ける身体の部位なども考慮した数値(シーベルト)で比較する必要があります。

放射線、放射能の単位

放射線、放射能の単位

放射線には物を透過する性質「透過力」がありますが、遮ることができます

放射線にはいろいろな種類があり、種類ごとに透過性が異なります。
例えば、透過力の弱いα(アルファ)線は紙一枚で止まり、透過力の強い中性子線は厚いコンクリートの壁や水で止まります。

放射線の種類と放射能の透過力

α線(アルファ線) 原子核から放出される粒子(陽子2個・中性子2個からなるヘリウムの原子核)で、アルファ粒子ともいいます。アルファ線は紙1枚でさえぎることができます。
β線(ベータ線) 原子核から放出される電子で、ベータ粒子ともいいます。
ベータ線はアルミニウムなどの金属板でさえぎることができます。
γ線(ガンマ線)
X線(エックス線)
ガンマ線は不安定な状態にある原子核が、より安定な状態に移る時に発生する電磁波です。
エックス線はガンマ線と発生源が異なり、原子から発生する電磁波です。
どちらも鉛でさえぎることができます。
中性子線 中性子は原子核を構成する粒子の一つで、中性子線とは中性子の流れをいいます。
中性子線は水・コンクリートのように、水素をたくさん含む物質でさえぎることができます。

放射線を出す能力「放射能」は、時間とともにだんだん減っていきます

放射性物質は放射線を放出しながら、時間の経過とともに放射線を放出しない安定した物質になっていきます。
したがって、放射性物質はだんだん放射能が減っていきます。放射能が半分になる時間を「半減期」といいます。
たとえば、ヨウ素131は半減期が約8日なので、放射能は約8日で最初の放射能の半分に、約16日で1/4に、約24日で1/8に、約1カ月(約32日)で1/16に減少します。

放射能の減り方

放射能の減り方

放射性物質と半減期

原子の種類 半減期
人工の
放射性物質
ヨウ素131
(ウランの核分裂で生まれる核分裂生成物)
約8日
コバルト60
(原子炉の鋼材などに中性子が当たって生まれる腐食生成物)
約5年
セシウム137
(ウランの核分裂で生まれる核分裂生成物)
約30年
プルトニウム239
(ウランが中性子を吸収して生まれる超ウラン元素)
約24,000年
自然界に
存在する
放射性物質
ラドン222 約4日
ラジウム226 1,600年
カリウム40 約13億年
ウラン238 約45億年

出典: 電気事業連合会「放射線Q&A(2014.3)」

エネルギー