お知らせwhat's new

プレスリリース

2020

2020年1月30日
関西電力株式会社

アスベストが含有されている変圧器の防音壁撤去に伴う不適切な対応について

 当社は、登美ヶ丘変電所(奈良県奈良市)の変圧器撤去に伴い、アスベストが吹き付けられた防音壁を解体する際に必要となる、奈良市および奈良労働基準監督署への作業届出等ができていなかったことが判明しました。

 当該変圧器は、本年1月20日から委託先が解体作業を開始し、1月28日に変圧器を囲っている防音壁を処分場へ運搬しました。
 1月28日に処分を委託している会社から当社に対して、防音壁にアスベストが含有されていないかの確認があり、当社にて確認したところ、アスベストが含有されていることが判明しました。

 当該解体作業を実施するにあたっては、「大気汚染防止法」および「労働安全衛生法」に基づく作業届出やアスベストの飛散防止措置、解体作業者への防護措置を講じるなどの対応が必要であり、今回、それらの対応ができていなかったものです。

 なお、当該防音壁の解体にあたっては、防音壁を切断・粉砕等することなく現物のまま取り外した上で密閉し、処分場へ運搬したものであり、アスベストが飛散した可能性は低いと考えています。

 当社は、今回の事象を真摯に受け止め、同様の申請漏れ等が起きないよう、今後、再発防止対策を検討・実施してまいります。
 地域の皆さまをはじめ、関係者の皆さまにご迷惑をおかけしたことを、深くお詫び申し上げます。

以 上

プレスリリース

検索ワード