お知らせwhat's new

プレスリリース

2019

2019年3月28日
交野市
関西電力株式会社

大阪府交野市内の全小学校でのIoT登下校見守りサービス「かんでん見守り隊 OTTADE!」の社会実験の開始について

 交野市と関西電力株式会社(以下、関西電力)は、IoT技術を活用した登下校見守りサービス「かんでん見守り隊 OTTADE!」(以下、OTTADE)の社会実験を、交野市内の全小学校10校において開始することとし、本日、協定を締結しました。今後、2019年4月から有効性確認を目的とした社会実験を始める予定です。

 今回の交野市内でのOTTADEでは、関西電力として初めて「問合せ型見守りサービス」を提供いたします。このサービスは、万が一のときに、保護者が交野市の指定する窓口に電話でお問い合せいただくことで、児童の位置情報履歴を確認できるユニバーサルサービスです。

 OTTADEは、ビーコン※1を搭載したホイッスル型の専用端末(見守り端末)を携帯する児童の位置情報履歴※2を、契約いただいた家族や保護者がスマートフォンなどを通じて確認できるサービスです。ビーコンの電波の検知端末である基地局を、住宅や店舗、公共施設等のコンセントに設置が可能であるため、速やかにサービス基盤を構築できることが特徴で、専用のアプリケーションをダウンロードしたスマートフォン等も検知端末として利用できます。

 交野市は、登下校中の児童の安全確保のため、これまで通学路を中心として、市内に防犯カメラの整備等を進めてまいりました。この度、更なる安全性向上を目指し、公民連携の観点から、民間の見守りシステムの導入を検討しており、本社会実験を通じて、その有効性を検証してまいります。
 関西電力は地域や生活に密着した事業者として、交野市と連携を図りながら、円滑に社会実験を進め、利用者の声などを踏まえて、交野市での本格的な事業展開を目指してまいります。

  • ※1:電波受発信器のこと。
  • ※2:予め登録した場所を児童が通過した時に、位置情報をメールで通知することも可能。

プレスリリース

検索ワード