お知らせwhat's new

プレスリリース

2018

2018年11月7日
関西電力株式会社

「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」への参画について

 関西電力株式会社(以下、関西電力)は、東京電力パワーグリッド株式会社と株式会社NTTデータが本日設立を公表した「グリッドデータバンク・ラボ有限責任事業組合」(以下:本ラボ)に参画します。

 本ラボは、各業種の垣根を越えたデータを用いることで、地球温暖化・自然災害や労働力不足などの社会課題の解決や、さらには新たなビジネス価値を生み出すことが期待されているなかで、様々なデータを活用し、社会課題の解決や新たな付加価値の創出を目的に設立されます。
 今後、電力データと異業種データを掛け合わせ分析することで、様々なユースケースを検討し、その有用性を検証していきます。

 関西電力は、全国に先駆け、2008年度からスマートメーターを導入し、スマートメーターのデータの活用による新たな価値創出に取り組んでいます。
 今回、本ラボ設立時に参画することにより、幅広い業種の参画者と様々なユースケースの検討やその有用性の検証等の協創活動を積極的に行ってまいりたいと考えています。

 関西電力は、本ラボへの参画をはじめ、今後も様々なデータ活用の可能性を追求することにより、お客さまと社会のお役に立つサービスの創造や社会問題の解決に積極的に取り組んでまいります。

 ※ユースケース:システムを用いて特定の目的を達成する方法

以 上

OSAKA-KANSAI JAPAN EXPO2025

プレスリリース