よくあるご質問

中間貯蔵について教えてください。

使用済燃料は再利用できることから、リサイクル燃料と呼ばれており、原子力発電所から出るリサイクル燃料を再処理するまでの間、一定期間貯蔵することを「中間貯蔵」といいます。
リサイクル燃料を中間貯蔵することは、再処理するまでの時間的な調整を行うことを可能とするため、原子燃料のリサイクル計画に柔軟性を持たせる有効な手段です。

詳しくは「燃料のリサイクルの概要」をご覧ください。

このページを保存する
このページを保存中です
関連リンク