プレスリリースRSS

2021年3月26日
関西電力株式会社

「ゼロカーボン委員会」の設置について

 当社グループは、「ゼロカーボンビジョン2050」を策定し、発電事業をはじめとする事業活動に伴うCO2排出を2050年までに全体としてゼロとします。この実現に向けて、当社グループのリソースを結集すべく、社長をトップとした推進体制を構築し、取り組みます。

2021年2月26日お知らせ済み]

 当社はこの度、ゼロカーボンの取組みを推進するため、社長を委員長とする「ゼロカーボン委員会」を4月1日に設置することを決定しました。

 同委員会は、社長を委員長としているほか、委員は、中期経営計画(2021-2025)で中核事業に据えるエネルギー、送配電、情報通信、生活・ビジネスソリューションそれぞれの事業分野の役員で構成しています。関西電力グループのリソースを結集した推進体制として、当社グループのゼロカーボンに関する取組みを統括・推進する役割を担います。
 具体的には、「ゼロカーボンビジョン2050」の実現に向けた基本方針や、それを踏まえたロードマップの策定に加え、取組みや進捗状況について、委員会で幅広く議論し、実行していくことで、ゼロカーボンを推進します。

 当社グループは、持続可能な社会の実現に向け、ゼロカーボンエネルギーのリーディングカンパニーとして、お客さまと社会のお役に立ち続けてまいります。

<「ゼロカーボン委員会」の概要>
委員長 森本 孝  代表執行役社長
副委員長 稲田 浩二 代表執行役副社長
委員 エネルギー事業に関する関係役員と送配電、情報通信、
生活・ビジネスソリューションそれぞれのグループ会社の社長
役割 ゼロカーボンに関する取組みの全体統括・推進

以 上