プレスリリースRSS

2021年3月26日
関西電力株式会社

「関西電力グループ経営理念 Purpose & Values」および「関西電力グループ中期経営計画(2021-2025)」の策定について

 当社は、金品受取り問題等を踏まえ、「関西電力グループ経営理念 Purpose & Values」を新たに策定するとともに、この理念のもと、変化する事業環境にも対応し、持続的成長を遂げていくため、足元5ヵ年の実行計画として、「関西電力グループ中期経営計画(2021-2025)」を新たに策定しました。

 「関西電力グループ経営理念 Purpose & Values」は、当社グループの最上位概念として、お客さまや社会にとっての『「あたりまえ」を守り、創る』という存在意義のもと、『「公正」「誠実」「共感」「挑戦」』という価値観を大切にして事業活動を行い、持続可能な社会を実現することを掲げています。

 「関西電力グループ中期経営計画(2021-2025)」は、ガバナンス確立とコンプライアンス推進を事業運営の大前提に位置付けます。その上で、「Kanden Transformation」の実現に向けて、ゼロカーボンへの挑戦、サービス・プロバイダーへの転換、強靭な企業体質への改革に取り組みます。本計画のもと、2021~23年度は、事業構造改革の完遂とともに、将来の成長へ向けた取組みも着実に進め、2025年には、当社グループを、安定的な成長軌道にのせ、次なる飛躍に挑みます。

【取組みの柱】「KX(Kanden Transformation)」
①ゼロカーボンへの挑戦(EX: Energy Transformation)
脱炭素化の潮流が世界規模で加速し、持続可能な社会の実現への貢献が期待されるなか、関西電力グループ「ゼロカーボンビジョン2050」の実現に向けた取組みを推進します。
②サービス・プロバイダーへの転換(VX: Value Transformation)
従来の大規模アセット中心のビジネスに留まらず、徹底してお客さま視点に立ち、ニーズや課題と向き合うことで、お客さまに新たな価値を提供し続ける企業グループに生まれ変わります。
③強靭な企業体質への改革(BX: Business Transformation)
コスト構造改革やイノベーション、デジタル化、そして働き方改革を加速します。

 当社グループは、新たな「関西電力グループ経営理念 Purpose & Values」のもと、「関西電力グループ中期経営計画(2021-2025)」に掲げる取組みをグループ一丸となって着実に行うことにより、持続可能な社会の実現に取り組んでまいります。

以 上