プレスリリースRSS

2021年3月12日
関西電力株式会社

安全運転支援サービス「関電 Safety Support Service」の提供開始について

 当社は、法人のお客さま向けの新たなサービスとして、「関電 Safety(セーフティ) Support(サポート) Service(サービス)(以下、本サービスという)」の提供を本日から開始しました。

 本サービスは、スマートフォンやタブレット(以下、スマホ等という)の専用アプリを活用し、アプリを起動するだけで簡単・手軽にご利用いただけるテレマティクスサービス※1です。
 具体的には、「安全運転」、「動態管理」、「日報作成」の3つのサービスを提供することで、ドライバーの交通事故の防止、安全運転意識の向上および業務効率化を実現します。
 本サービスは、お手持ちのスマホ等を活用して利用できるため、専用の機器を購入する必要がなく、初期費用が発生しません。また、自動車だけでなく、バイクにも活用できます。
 利用料金については、「安全運転」と「動態管理」の2つのサービスを利用で、一つのアカウントにつき、月額1,100円(税込)、さらに、「日報作成」も組み合わせた場合は、月額1,650円(税込)となります。

 さらなる安全運転意識の向上を図るため、運転実績から得られる各々のドライバーの運転特性に応じた講習動画を提供するサービスを2021年6月頃に開始する予定です。講習動画の作成にあたっては、損害保険ジャパン株式会社およびSOMPOリスクマネジメント株式会社と協力します。今後、両社とともに、動画提供だけでなく安全運転に関する有益なサービスを提供できるよう、引き続き検討を行っていきます。

 本サービスについては、当社が2021年3月から神戸市内で実施しているEVを活用した実証実験※2においても、本サービスを活用し、走行情報の収集などを行っており、今後の次世代モビリティサービスの検討に活かしてまいります。

 当社は、本サービスを通じて、モビリティ分野におけるお客さまの事業活動への貢献に加え、今後も多様化するお客さまのニーズにお応えできるよう、新たなサービスのラインナップ・魅力を拡大するとともに、様々な価値を組み合わせたサービスの提供に取り組んでまいります。

  • ※1:車両にGPS機能を有した機器を搭載することで、通信システムを利用してインターネットに接続し、さまざまな情報を管理したり関連サービスを提供するサービスのこと。
  • ※2:神戸市内において、ワイヤレス充電対応のEVを活用し、航続距離、坂道性能、充電性能等について検証するもの。実証実験の期間は、2021年3月11日~18日。

以 上