プレスリリースRSS

2021年2月16日
関西電力株式会社

姫路第二発電所既設5、6号機の廃止について

 当社は、2020年度まで運転を継続することとしておりました姫路第二発電所既設5、6号機(兵庫県姫路市)について、6号機を本日、廃止いたしました。また、5号機については2021年3月31日付けでの廃止を予定しています。

 姫路第二発電所既設5、6号機は、1973年に営業運転を開始し、長きに亘って関西エリアの電力需要を支えてきました。

 2009年には、設備の経年化を踏まえ、コンバインドサイクル発電方式への設備更新を決定し、既設5号機は2014年7月、既設6号機は2015年10月に、順次廃止することとしておりましたが、2013年3月、東日本大震災を踏まえた供給力確保のため、2020年度まで運転を継続することとし、主に需要が高まる夏季や冬季のピーク時間帯の供給力として活用してまいりました。

 今後、経済産業省に発電事業変更届出書を提出する予定です。

<参考:姫路第二発電所既設5、6号機の概要>
5号機 6号機
運転開始 1973年10月 1973年11月
経過年数 47年 47年
出力 60万kW 60万kW
燃料 LNG
住所 姫路市飾磨区妻鹿常盤町

以 上