プレスリリースRSS

2020年10月26日
関西電力株式会社

陸上養殖方式での魚介類生産・加工販売事業への参入について

 当社は、2020年10月7日にIMTエンジニアリング※1(以下、IMTE)との共同出資で設立した「かいこうゆきのや合同会社」(以下、海幸ゆきのや)において、陸上養殖方式での魚介類生産・加工販売事業に参入します。同社は、イノベーションラボから事業化する4社目の会社であり、当社として農業・食料領域における事業化は初めてとなります。

 海幸ゆきのやは、クルマエビに匹敵する旨味を有するバナメイエビの生産・加工販売事業を行い、「ゆきえび」のブランド名で、食品加工会社や飲食店等への販売を予定しています。
 本事業は、完全閉鎖循環式の陸上養殖方式※2を採用しており、海洋汚染をはじめとする環境負荷低減や、世界的な魚介類需要の高まり、漁獲規制強化への解決策としてSDGsの観点からも、社会課題の解決に寄与するものです。
 加えて、水質・温度・給餌等の管理・制御にIoT、AI、画像解析といった当社グループのDX技術を、また、育成過程での生残率改善・生産性向上に当社の技術研究成果を、活用することが期待できます。

 今後、静岡県磐田市に養殖用プラントを新設する予定であり、2022年1月生産開始、同年5月の販売開始を目指します。新設のプラントが完成するまでは、IMTEが保有するプラント(新潟県妙高市)におけるOEM生産※3によるバナメイエビを、本年11月上旬から販売する予定です。
 中長期的には、魚介類生産・加工販売のみならず、事業ノウハウを活用したコンサル支援等について、国内に留まらず海外も視野に、事業領域を拡大していきます。

 当社は、「中期経営計画(2019-21)」において、社会課題解決に向けた、エネルギー分野以外での新たな領域への拡大・挑戦の一つとして「農業・食料」を掲げており、中期経営計画の実現に向け、海幸ゆきのやをはじめとする、これまでにない様々なイノベーションに関する取組みを展開し、新規事業、新商品・サービスの開発および既存事業の改革に積極果敢に挑戦してまいります。

  • ※1: 陸上養殖プラント開発会社。日本で初めて国産バナメイエビの生産に成功。養殖業も手掛ける。
  • ※2:IMTEと国立研究開発法人 国際農林水産業研究センター(JIRCAS)等が産官連携で開発した、屋内型エビ生産システム(ISPS:Indoor Shrimp Production System)」を採用。水を循環・ろ過して常に管理された清潔な水の中でエビを飼育するため、特定病原菌を持たない稚エビを使用すれば、薬品を一切使わず、安全で高品質のエビの生産が可能。
  • ※3:製造メーカーが他社ブランドの製品を製造すること。

以 上