プレスリリースRSS

2020年10月14日
関西電力株式会社

水素バリューチェーン推進協議会の準備委員会への参画について

 当社は、このたび、水素分野におけるグローバルな連携や水素サプライチェーンの形成を推進するために設立予定の新団体「水素バリューチェーン推進協議会」(以下、新団体)の準備委員会に参画しました。

 昨今、多くの国々が水素社会実現に向けた取組みを加速している中、日本においてもCO削減に向けて水素の利用促進の可能性や課題が議論されてきました。新団体では、水素バリューチェーンの構築を目指して、以下の活動に取り組んでいきます。

  • ・水素バリューチェーン構築の為、横断的な取組みを行う。
  • ・水素社会の実現の為、社会実装に向けた動きを加速する。
  • ・金融機関と連携し、資金供給の仕組みづくりを推進する。

 当社は、これまで水素の製造・販売事業を行う株式会社ハイドロエッジの設立や水素コージェネレーションシステム実証※1への協力、既設火力発電設備に対する水素混焼の導入可能性調査※2等、低炭素社会実現に向けた選択肢の一つとして、水素に関する取組みを進めてきました。

 当社としては、新団体において、様々な既存団体や事業者と協力・協調し、将来の水素利活用に対する可能性を幅広く議論・検討するとともに、水素社会実現に向けた課題解決を目指して取組みを進めてまいります。

  • ※1:2015年度より、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)助成事業「水素CGS活用スマートコミュニティ技術開発事業」として水素を燃料とする1MW級ガスタービン発電設備からの熱および電気を近隣の公共施設に供給し、地域内でのエネルギー最適制御システムの運用を検証。2019年度以降は「ドライ低NOx水素専焼ガスタービン技術開発・実証事業」として、更なる性能向上に取り組んでいる。
  • ※2:NEDO委託事業として机上検討を実施(2018年度~2019年度)

以 上