プレスリリースRSS

2020年8月25日
関西電力株式会社
K4Digital株式会社
株式会社関電システムズ

火力発電所におけるロボット・AIを活用した巡視点検自動化システムの開発について

 当社は、このたび、K4Digital株式会社、株式会社関電システムズと共同で、火力発電所におけるロボット・AIを活用した巡視点検自動化システムを開発しました。

 当社の火力発電所では、電力の安全・安定供給に向け、設備の異常を早期に発見し、トラブルを未然に防止するため、発電所所員が定期的に設備の巡視点検※1を行っていますが、設備が多岐にわたるため、多くの労力と時間を要しています。
 また、今後、定年退職に伴うベテラン技術者の減少が予想される中、巡視点検の技術を継承していくことが課題となります。

 今回3社は、これまで発電所所員が目視などで確認していた設備情報を、自動走行型のロボット※2を用いて収集し、AIを活用して各設備の運転状況が正常であるか診断を行う巡視点検自動化システムを開発し、堺港発電所(大阪府堺市)において、実証実験を実施した結果、高い検知精度を得ることに成功しました。

 本システムを活用することで、巡視点検の効率化を実現するとともに、技術の継承にも繋がります。

 今後は、当社の火力発電所への本格導入に向け準備を進めるとともに、同様の課題を持つ他社への販売についても検討していきます。

 当社グループは、本取組みなどを通じて、生産性を飛躍的に向上させるとともに、新たな価値を創出してまいります。

  • ※1:発電所所員が定期的に、発電所内を巡回し、人の五感および点検ノウハウを駆使して、設備の異常を早期に発見する点検
  • ※2:他社製品を当社実証実験用に一部改良。可視光カメラ、音響マイク、ガス検知器等を搭載。

以 上

検索ワード