プレスリリースRSS

2020年6月11日
関西電力株式会社

水力発電所導水路の内部点検に活用する水面ドローンの開発について

 当社は、このたび、水力発電所導水路の内部を安全、効率的かつ経済的に点検できる水面ドローン※1を開発しました。

 水力発電所の導水路は、大規模損傷につながる様々な劣化を把握するために、定期的に発電を停止し、導水路内の水を抜いた上で、点検員が数kmにも及ぶ導水路を歩きながら目視で点検作業を行っています。
 一方で、この点検方法では、発電停止による電力量の減少が大きい点や、点検員の負担が大きい点に加えて、導水路のトンネル箇所は暗所であることから錆や損傷個所を確認しにくい点などの課題がありました。

 そこで、当社は、これらの課題を解消するために、導水路の点検に用いることができる浮体式の水面ドローンを開発しました。水面ドローンには当社が開発した、推進速度を抑えつつ導水路の壁面近くを安定的に走行する技術※2を導入しており、発電を継続した状態でも導水路内部を鮮明な映像で確認できるようになりました。また、搭載カメラで撮影した点検映像を解析し点検距離を算出する技術※2によって、錆や損傷個所の正確な位置を把握できます。
 これにより、発電所を停止することなく、また点検員の入抗が不要になるため、安全でかつ負担も少ない点検が可能となりました。
 本水面ドローンは、当社水力発電所の約90カ所での活用により、点検にかかる日数を約90日短縮することを見込んでいます。これによって、発電停止による電力量の減少抑制や点検コストの削減にて、40%以上の収益改善効果があると考えています。

 水面ドローンを活用した導水路の内部点検業務については、当社での活用に留まらず、株式会社環境総合テクノスと連携し、他電力や自治体などの社外から受託することも視野に入れ、今後の活用について検討を進めています。

 当社は、引き続き、イノベーションにより、生産性や経済性の向上に加え、新たな価値の創出を目指します。

  • ※1:今回開発を行った水力発電所の無圧導水路を対象とする浮体式点検装置の機体。
  • ※2:特許出願中(特願 2020-004287、商標出願=商願 2020-24120)

以 上

検索ワード