プレスリリースRSS

2020年5月29日
関西電力株式会社

「働き方」改革・健康経営委員会の開催結果について

 当社は、本日、「働き方」改革・健康経営委員会※1を開催し、「中期経営計画(2019-2021)」において設定した、総労働時間の削減等に関する取組みについて、初年度となる2019年度の実績を評価するとともに、2020年度も、引き続き、「時間の達人」や「健康の達人」となることを目標に、さらに取組みを加速していくことを確認しました。

 また、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、制限を緩和して取り組んでいる在宅勤務※2について、確実に浸透していると評価し、新型コロナウイルス感染症の収束後も、生産性の向上やワークライフバランスの充実等の観点から、引き続き積極的に推進することとしました。

 当社は、引き続き、人を大切にするという考えのもと、「明るく豊かな未来の実現」を目的に「働き方」改革・健康経営をより一層進めてまいります。

<参考:中期経営計画(2019-2021)において設定した目安に対する2019年度実績と評価>
目標 目安 実績 評価
時間の達人 総労働時間 2015年度比5%削減 2%削減 未達
有給休暇取得率90%以上 97.1% 達成
男性育児休職取得率90%以上 109% 達成
健康の達人 健康経営先進企業並への健康指標の向上
(体重・運動・喫煙・睡眠・良い飲酒)
達成:運動・喫煙・睡眠
未達:適正な体重・飲酒習慣
一部
未達
  • ※1:2017年1月、「働き方」改革のさらなる展開と健康経営の一体的推進によって、従業員の心身の健康を増進し、会社と従業員のさらなる成長につなげていくために、社長を委員長とする「働き方」改革・健康経営委員会を設置。今回は第14回目。
  • ※2:従来は、在宅勤務の取得要件を「育児や介護等」に、取得回数を「週2回」に限定していましたが、現在は新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、「取得要件」や「取得回数」の制限を緩和。

以 上

検索ワード