プレスリリースRSS

2020年4月28日
関西電力株式会社

「調達等審査委員会」の設置について

 当社は、先般、策定した業務改善計画の取組みの一つとして、工事の発注や契約手続き、寄付金や協力金に関する拠出手続き(以下、工事の発注や寄付等の手続きという)の適切性、透明性を確保することを目的に、本日、「調達等審査委員会」を設置しました。

 当社は、現在、工事の発注や寄付等の手続きに関する社内ルールを随時、見直しており、今後、社内ルールを同委員会に審査いただきます。
 その上で、工事の発注や寄付等の手続きに関する全件を同委員会に提出し、同委員会は抽出した案件について、社内ルールに基づき適切に処理されているかの審査を行った上で、必要に応じて所管部門に指導、助言します。
 また、審査概要は、適宜、公開します。

 当社は、外部の専門家の視点で審査する仕組みを構築することで、工事の発注や寄付等の手続きに関する適切性、透明性を確保し、信頼回復に努めてまいります。

※「工事の発注・契約手続き等に係る不適切な運用の禁止に関する規程」、「寄付金取扱通達」等を新たに制定。「特命理由を明確化した社内ルール」等を今後、見直し予定。

<「調達等審査委員会」の概要>
  • 委員長 :瀧 洋二郎(たき ようじろう)弁護士
  • 社外委員:髙田 篤(たかだ あつし)公認会計士、社外有識者1名(学識経験者を予定)
  • 社内委員:コンプライアンス推進室担当役員
  • 役割  :工事の発注・契約手続きや寄付金・協力金支出の手続きに関する社内標準の適切性評価、社内標準に基づいた個別案件の遵守状況の評価
  • 開催頻度:当面の間、毎月実施

以 上

検索ワード